インプラント治療について

近年、インプラント治療はその機能性と審美性から、入れ歯やブリッジなどに変わる歯を失ったときの治療法として多くの患者様から選ばれるようになってきました。天王寺歯医者「医療法人明星会松川デンタルオフィス」では、丁寧なカウンセリングと、徹底した安全管理のもとインプラント治療を行っております。心配や不安をお持ちの患者様には何度でも丁寧に説明し、ご納得いただいてから治療を開始しています。

インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療をお考えの方へ

周りの歯を支えにするために、健康な歯にも負担がかかってしまう入れ歯とは異なり、インプラント治療には多くのメリットがあります。患者様ご自身の顎の骨に直接「人工歯根」を埋め込むため、周りの歯に負担をかける心配がなく、入れ歯などのように取り外してケアする必要もありません。入れ歯などの場合、咬む力が弱く固いものやネバネバしたものが食べにくかったり、入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が入り込むことで、痛みや不快感が生じることがあります。インプラントの場合、骨にしっかりと固定されているため、咬む力などの歯の機能は天然歯とほとんど変わりません。フィット感もあり、食べ物の味や食感を楽しみながら、食事ができます。

インプラント治療は見た目がとても自然で美しく、天然歯と比べても違いがわからないほど審美性に優れています。

安全への取り組み

歯科用CTでの診断

歯科用CTでの診断

当院では、患者様のお口の状態に合わせた最適な治療を行うために、高度な技術と機器を用いて精密で確実な診断を行なっております。
最新式の歯科用CT(ベラビューエポックス3D)を導入しておりますので、通常のレントゲンではできない撮影できない、三次元的な治療部位の把握ができるため、より精密な検査が可能です。
患者様へ丁寧に説明し、不安や疑問点についてご納得いただいてから治療を開始いたします。

高性能ディスプレイ「BARCO」を採用

高性能ディスプレイ「BARCO」を採用

当院では、CTで撮影した画像を高性能歯科用ディスプレイ「BARCO」を使用し、 診断します。
このBARCOは通常のディスプレイでは確認できない細部の画像を映し出します。
医科の領域では既に使用されておりますが、歯科医院ではまだ導入している診療所が 非常に少ないです。
CTを使用するのはもちろん、確認するディスプレイの性能にもこだわる事で、 限りなく精度の高い診断と治療計画を可能にします。

滅菌の徹底

滅菌の徹底

インプラント治療の際に特に力を入れているのが「滅菌の徹底」です。細菌による感染などが起こらないよう、院内の衛生管理には理事長はじめスタッフ一同、細心の注意を払っています。歯を削るタービン、治療器具、インプラントに使用する器具など、治療に使用したものはすべて滅菌し、患者様ごとに必ず交換をしております。治療に使用した器具は、滅菌パックに入れて菌が付着しないよう管理していますのでご安心ください。

取り扱いメーカーのご紹介

ブローネマルク

ブローネマルク

長い歴史と実績のあるブローネマルクは、日本をはじめ世界50ヶ国以上の国々で採用されているインプラントメーカーです。ブローネマルクインプラントは約30年という長きに基礎研究と臨床実験を行い、人体に応用されはじめてからすでに半世紀近くが経ちました。スウェーデンの医学者、ブローネマルク博士が独自の理論と研究に基づき開発したインプラントは、世界中で1千万人以上の患者様の治療を行っています。

インプラント体もバリエーションが豊富で約40種類ほどあり、患者様お一人おひとりのお口に適したインプラント治療が可能です。治療後も長い期間問題なく使用でき、臨床実績の長さから安全性の面でも信用できるインプラントメーカーです。

POI

POI

POIとは日本で最も歴史のある京セラメディカル株式会社が製造するインプラントシステムです。「日本人による日本人のためのインプラント」として数ある国産インプラントの中でも最も臨床実績があり安心、という点から全国の歯科医師に選ばれています。生体親和性に優れたチタン製の人工歯根とセラミック製の人工歯を接着剤で固定する方法で施術を行います。

中でも、歯槽骨内にインプラント体(フィクスチャー)を埋入しやすいよう先端部分を先細り形状にするなどの工夫も施され、確かな初期固定力が特長です。患者様の負担を軽減するつくりになっています。

POIでは新しいインプラントが次々と開発され、審美性を追求した「POI-EX」などさらなる発展を続けています。
※当院では2回法の手術時のみ適応です。

インプラント治療後のメインテナンスについて

当院では3ヶ月に一度のメインテナンスを患者様へ呼びかけています。インプラント治療が完了すると、その快適性から歯科でのメインテナンスを忘れてしまう場合もあるかもしれません。しかし、インプラントの定着状態や咬み合わせ、被せ物など、患者様のお口の健康を保つためにはメインテナンスを行うことが非常に重要となってきます。

インプラント治療後のメインテナンスについて

特に注意していただきたい病気が、歯周病と同じような症状が起こる「インプラント周囲炎」です。この病気はインプラント治療後の骨を溶かしてしまうため、最悪の場合、せっかく治療したインプラントを喪失してしまう可能性があります。初期の段階では自覚症状がないため、異変に気づいて来院されるころにはかなり進行してしまっています。定期的にメインテナンスでご来院いただければ、初期の段階で治療が行なえ、最悪の事態を防ぐことが可能です。

治療だけでなく、治療後のメインテナンスも継続的にサポートさせていただきますので、ぜひ当院へお任せください。

根幹治療に関する診療予約はこちら

pagetop