WEB診療予約

BLOG

カテゴリー:

歯科コラム

オールセラミックとジルコニアの違いは?どっちがおすすめ?

詰め物や被せ物を作る時に、オールセラミックとジルコニアで迷うケースがとても多いです。どちらもセラミック材料なので審美性に優れている点で共通しているのですが、いくつか異なる特徴があります。その違いを理解しておかないと、セラミック治療で後悔や失敗をしてしまうかもしれません。今回はそんなオールセラミックとジルコニアの特徴と違いについて詳しく解説をします。

 

オールセラミックの特徴って?

歯科材料の中で最も美しい

オールセラミックは、歯科用セラミックの代名詞のような素材です。歯科材料の中で最も美しいといっても過言ではないでしょう。お皿などの陶器とほぼ同じなのですが、色調を細かく調整することができます。透明感や光沢なども天然歯そっくりに仕上げることが可能です。適切な方法で製作および装着したオールセラミックなら、治療後はどこに入れたのかわからなくなるくらい、残った歯と調和します。そのためオールセラミックは、高い審美性が求められる「前歯」の詰め物・被せ物に向いているといえます。

 

ジルコニアの特徴って?

金属に匹敵する硬さ

ジルコニアは、二酸化ジルコニウムが主成分となっているセラミックです。金属に匹敵するほどの硬さを備えており、人工ダイヤモンドと呼ばれることもあります。そのため高い強度が求められる人工関節やスペースシャトルの外壁にも使われています。ですから、歯列の中で最も高い強度が求められる「奥歯」の詰め物・被せ物に向いているといえるでしょう。ちなみにジルコニアは、インプラントの上部構造だけではなく、アバットメントや人工歯根にまで広く応用されています。これは標準的なセラミックでは担えない役割です。

 

オールセラミックとジルコニアはどう違う?

オールセラミックとジルコニアそれぞれの特徴に関してはご理解いただけたかと思います。続いては、この2つの材料の違いについてです。

見た目の美しさ・自然さの違い

オールセラミックとジルコニアの違いとしては、「審美性」が第一に挙げられます。上段でも述べたように、オールセラミックは歯科材料の中で最も美しいといえる素材です。とくに「透明感」において、他の材料を圧倒しているといえます。ジルコニアも白くて美しい素材ではあるのですが、透明感には少し欠けます。

私たちの歯の美しさ・自然さというのは、この透明感が関係している部分が多いことから、結果として審美面においてはオールセラミックに軍配が上がります。ただ、最近ではジルコニアの改良も進んでおり、高い透明感まで備えた製品も流通するようになってきました。ですから、この点の違いは未来永劫、続いていくものではないのかもしれません。

硬さ・壊れにくさの違い

詰め物・被せ物には、審美性以外にも高い耐久性が求められます。そもそも人工歯というのは、そしゃく機能を回復させるためのものであり、美しいだけでは意味がないのです。もちろん、オールセラミックもそしゃく機能の回復に大きく寄与しますが、極端に硬いものを噛んだ時や外傷で強い圧力がかかった時に割れるリスクが高くなっています。これはセラミック製のお茶碗やお皿も同じですね。前歯は、噛む時の力がそれほど強くはなく、高い審美性も求められるという二重の意味で、オールセラミックが適しているといえるのです。

一方、ジルコニアは金属に匹敵する硬さを備えているため、噛んだ時の力で割れることはほとんどありません。ですからもともと噛む力が強い人でも、奥歯の詰め物・被せ物の材料としてジルコニアを選択することは可能です。硬くて壊れにくいということから、詰め物・被せ物の寿命を延ばしやすいのもオールセラミックではなくてジルコニアといえるでしょう。

抵抗力・安定性の違い

セラミックというと、一様に安定性が高い材料と思われがちですが、オールセラミックとジルコニアには幾分、違いが見られます。例えば熱や酸、アルカリといった刺激への抵抗力は、オールセラミックよりもジルコニアの方が高いです。皆さんもよくご存知のように、お口の中は常にそうした刺激に晒されていることから、5年、10年と使い続けていく中で、劣化現象にも違いが見られるようになるのです。

さまざまな刺激への抵抗力が高く、安定性に優れたジルコニアは、治療から10年経過してもほぼ同じ状態を保つことができますが、オールセラミックには変色や変性などが見られないわけではありません。ただし、同じ白色材料である歯科用プラスチックと比較した場合は、オールセラミックの抵抗力と安定性の高さが際立ちます。

 

まとめ

今回は、自費診療で使用できるオールセラミックとジルコニアの違いについて解説しました。どちらも一長一短がある材料なので、どっちがおすすめとは一概に語ることは難しいです。大まかな傾向としては、高い審美性が求められる前歯にはオールセラミック、高い強度が求められる奥歯にはジルコニアを選ぶケースが多くなっています。そんな詰め物・被せ物の治療でオールセラミックとジルコニアのどちらにしようか迷っている方は、いつでもお気軽に当院までご相談ください。