WEB診療予約

BLOG

カテゴリー:

歯科コラム

すきっ歯はダイレクトボンディングで治すのがおすすめ?

歯と歯の間に不自然なすき間がある「すきっ歯」。その中で上の前歯の真ん中にすき間が存在している「正中離開(せいちゅうりかい)」は口元の審美性に大きな影響を与えるため、何とか改善したいと悩んでいる方も多いことでしょう。今回は、そんなすきっ歯を手軽に治すことができる「ダイレクトボンディング」という治療法の特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説します。

 

すきっ歯の治療法

これまではすきっ歯を治療するとなると、ワイヤー矯正やマウスピース型矯正といった歯並びの治療が一般的でした。セラミッククラウンやラミネートベニアなどのセラミック治療も広く普及するようになりましたが、それぞれに難点があるのは否めません。そこでまずは従来の治療法の特徴を復習しておきましょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯列の表面に金属製のワイヤーとブラケットを装着し、数年かけて歯を動かす治療法です。すきっ歯を根本から改善できますが、治療期間中は「装置が目立つ」「食事と歯磨きがしにくい」「費用が1,000,000円程度かかる」といったデメリットを伴います。歯が動く際の痛みや装置による不快症状が大きい点も見落としてはいけません。

マウスピース型矯正

インビザラインに代表されるマウスピース型矯正もすきっ歯を根本から改善できる治療法です。着脱式の透明マウスピースを使うことから、装置は目立ちにくく、食事や歯磨きも普段通りに行えます。ただし、歯列矯正の一種であることに変わりはなく、治療期間は数年に及びます。費用も800,000~1,000,000円程度かかるのが一般的です。

セラミッククラウン

セラミッククラウンによるすきっ歯の改善は、「セラミック矯正」と呼ばれることもあります。すきっ歯の原因になっている歯にセラミック製の被せ物を装着して、すき間を埋めます。実際の歯列矯正とは異なり、治療自体は1~2か月で完了します。費用も100,000~150,000円程度と比較的安価ではありますが、歯を大きく削らなければならないというデメリットを伴います。

ラミネートベニア

歯の表面にセラミック製の薄いチップを貼り付けて、すきっ歯を改善する方法です。費用は80,000~120,000円程度で、歯を削る量はセラミッククラウンほど多くはなく、通院回数も短い治療法といえます。それでもやはり健康な歯を犠牲にしなければならない点は大きなデメリットといえます。

 

ダイレクトボンディングですきっ歯を治療

すきっ歯の治療法として、需要が急速に高まっているのが、今回のテーマである「ダイレクトボンディング」です。歯に直接(ダイレクト)、コンポジットレジンを接着(ボンディング)する方法で、最短だとその日に治療が完了します。費用も1歯あたり10,000~50,000円程度と、非常に安いのが特徴です。歯を削る必要がない点も従来法との大きな違いといえるでしょう。ダイレクトボンディングという特別な名前が付けられていますが、基本的には虫歯治療におけるコンポジットレジン修復と大差はありません。歯にコンポジットレジンを盛り付けて光で固める。それをすきっ歯にも応用することが可能なのです。

 

ダイレクトボンディングのメリット・デメリット

すきっ歯をダイレクトボンディングで治療する場合には、以下に挙げるようなメリットとデメリットを伴います。

メリット

○歯を削る必要がない

繰り返しになりますが、ダイレクトボンディングでは歯を削る必要がありません。すき間が生じている部分を埋める形で、コンポジットレジンを盛り付けます。高度なテクニックを有した歯科医師であれば、数年かけて歯列矯正を行ったような仕上がりを提供できます。

○治療期間が短い

ダイレクトボンディングは、治療が即日終わることも珍しくありません。樹脂を盛り付けて光で固めるだけなので、歯型取りも不要となっています。

○費用が安い

ダイレクトボンディングは、経済面においても優れています。1歯あたり10,000円から治療できるため、すきっ歯を気軽に治すことが可能です。従来法のように、数十万から百万円程度の費用がかかることはまずありません。

○元に戻すことができる

ダイレクトボンディングは、従来法とは異なり、施術前の状態に戻すことができます。ですから、将来的に歯並びの矯正を行うことも可能なのです。ラミネートベニアやセラミッククラウンは歯の切削を伴うことから、後戻りはできないのです。

デメリット

・重度のすきっ歯には適応が難しい

・レジンの変色、摩耗は避けられない

・歯の横幅が広くなる場合がある

・すきっ歯を根本から改善できるわけではない

・色の調整が難しいことがある

 

まとめ

今回は、すきっ歯を治す方法について、従来法とダイレクトボンディングをご紹介しました。ダイレクトボンディングは、従来法にはないメリットが多々あるため、最近ではすきっ歯の治療法として選択する人が増えてきています。とくに費用が安い、治療期間が短い、歯を削る必要がなく、元に戻すことができる点は、極めて大きなメリットといえるでしょう。

その反面、重度の症例には適応できない、すきっ歯を根本から改善することはできない、といったデメリットを伴うことも見落としてはいけません。すきっ歯の症状に悩まされている方は、その点も踏まえた上でご自身に合った治療法を選択することが大切です。