WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

銀歯からオールセラミックになるまで

 

 

天王寺駅から歩いて徒歩1分の歯医者

『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎ですニコニコ

 

今回は「金属の被せ物からオールセラミックになるまで」を紹介します!!

 

 

この患者様は、特に右上の一番奥の歯に痛みや違和感はありませんでしたが、今まで入れていた銀歯をセラミックにやりかえたので、この最後の銀歯もやりかえたいとの事でしたニコニコニコニコ

 

実際にレントゲン写真を撮ると、根の先までお薬が届いていないのが分かります。

 

今は問題ありませんが、数年後に取り残した神経が感染して根の先に膿が溜まる恐れがありますアセアセ

 

なので被せ物をやりかえる前に、根の再治療を行います!!

 

被せ物を入れた歯をやりかえる場合、残っている歯の量が少ない為 歯を抜かないといけなくなる可能性もあります。

 

実際、この方の被せ物を外すと…

 

こんな感じで歯茎より下に歯が入り込んでいます。

この状態で被せ物を作ると、すぐに取れたり根にひびが入ってしまいますもやもや

 

他の歯医者では抜がないといけないという所もあると思います。。

 

当院ではなるべく残せるように、歯冠長延長術という処置を行なってます流れ星

 

ブログでも何回か紹介してますが、高さのない歯に歯茎を下げるオペを行い、高さを確保するという術式ですキラキラ

 

被せ物を取った後に根管治療を行う為、白い壁を作っているので分かりにくいですが、黄色っぽい色をしているのが、ご自身の歯です!

 

術前と術後を比べると、ご自身の歯の見えている範囲が少し広くなったのが分かりますか?

 

 

この数ミリぐらいの違いでも、被せ物のもちが違ってきます!!

 

 

感染していなくても、いつもと同じ様に根管治療を行います

 

治療後がこちらです

根の先までお薬が届いていますニコニコキラキラ

 

 

オペを行なってから3ヵ月は歯茎のラインが定かではない為、最終のオールセラミックの型採りを行うまでは仮歯を入れておきますニコ

 

↓ここまでの治療の流れです↓

 

入れてすぐは綺麗ですが、生活していくとプラスチック製なのでどうしても変色してきます

 

 

そして歯茎が落ち着いた頃にオールセラミックの型採りを行いますニコニコ

 

周囲の歯と色を合わせる為に色調のチェックを行いますOK

このデータを技工士さんに送り作って頂きます

 

 

仕上がりがこちらですニコニコキラキラ

 

違和感なく仕上がっていますおねがい

 

 

セラミックは銀歯と比べ

 

錆びてこない

菌を寄せ付けにくい

見た目が綺麗

舌触りもツルツルしている

 

などの良い点があります。

 

また皆様も気になれば気軽にご相談下さい照れ