WEB診療予約

CASE

カテゴリー

以下クリックで各カテゴリーの症例がご覧いただけます。

マイクロスコープ診療根管治療/再根管治療

西淀川区から来院 過去に根管治療をした歯に痛みがある

天王寺から歩いて徒歩1分、マイクロスコープを使って診療をしている歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の下村です。

 

今回は、MTAセメントを用いた根管治療についてご紹介させていただきます。

 

こちらの患者様は、左下の奥から2番目の歯に咬合痛があるという主訴でされました。

元々他院で神経の治療をしており、金属の被せをしている状態でした。

 

 

まずは診断のために、レントゲンとCTを撮影します。

確認してみると、歯を支えている骨がごっそりと溶けており、根尖病変がありました🥲

 

 

根尖病変とは❓

歯の根の先まで細菌が感染して炎症を起こし、それが原因で膿が溜まります。

そのまま放置していると、徐々に歯を支えている骨が溶けてしまいます。

治すためには、根管治療をしてあげて感染をとることが必須となります!

 

 

では早速、根管治療を始めていきます🔥💪🏻

 

治療の動画があるので、是非ご覧下さい🎥

 

ガッタパーチャを除去し根管内を綺麗にしたら、最終のお薬を詰めていきます。

 

今回は根尖が開いているためMTAセメントを用いて、根管充填を行いました。

 

🌟MTAセメント🌟

1️⃣殺菌効果が高い

強アルカリ性でほとんどの細菌が死滅します。

2️⃣封鎖性が高い

一般的なセメントは効果の際に縮みますが、MTAセメントは効果しながら膨張します。

3️⃣生体親和性が高い

 

 

MTAセメントを充填している動画があるので、こちらも是非ご覧下さい🎥

 

 

 

そしてこちらのレントゲンは治療前と治療後を比較したものです!

しっかりと根尖まで根管充填出来ていることがお分かりいただけるかと思います☺️

 

根管充填した後は土台を立てて、仮の被せ物で6ヶ月経過観察をしていただき、

症状の改善や骨の回復を確認できたら、最終のセラミックスの被せ物を入れる予定です!

 

今回のように、大きな痛みや見た目に問題が無くても、感染が進んでいる可能性もあります。

 

歯は一本約100万円の価値があると言われていますが、一度失った歯は戻ってきません。

お金に換えられない大切な歯ですので、定期検診で早期発見・早期治療を行い、歯の保存に努めましょう‼️

 

当院での治療が気になる方は是非気軽にご連絡お待ちしております🌿

 

症例データ

年代/性別 40代女性
症状 過去に根管治療をしたはが痛い
治療方法 感染根管処置
オールセラミックスクラウン
費用 感染根管処置・・・¥121,000
MTAセメント・・・¥33,000
ファイバーコア・・・¥33,000
オールセラミッククラウン・・・¥176,000
備考 メリット:歯を残すことができる
デメリット:歯科医師に高い技術が求められる