WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

被せが外れてしまい…

天王寺から歩いて徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の岡です黒猫しっぽ黒猫あたま

 

今回は1人の患者様で行った様々な治療についてお話ししていきます💫

 

 

こちらの患者は右下の歯の被せが取れてしまい治療を行う為来院されました!

 

 

①歯冠長延長術

 

根が歯肉に埋まってしまっているので「歯冠長延長術」という、余分な歯肉を切除し根を出す小さなオペを行います。

 

 

 

 

こちらがオペ後の写真です!

歯肉で見えなかった根のカタチが分かりますよね!☺️

 

 

 

 

②根管治療

傷の治りをチェックしてから根管治療を行っていきます

 

 


 

 

 

 

この作業を繰り返し根管内の感染を除去して

いつものように根管充填、土台をたてます!

 

 

 

この歯の神経の管は湾曲していた為、根の先まで清掃できていない状態でしたが

マイクロスコープやCTによる診断によって先まで清掃できお薬も入れることができました!!

 

 

 

③リーマー除去

CTで確認すると、1番奥の歯の根管に破折しているリーマー(根管治療で使用する器具)があることが分かりました。

 

 

 

2次元のレントゲンにはうつってこないモノもCTで見る事で様々なことが分かります

 

 

 

★ 基本的に破折してしまったリーマーは

  取ることが難しいとされています💦

  院長は根管治療・折れたリーマーを除去する

  治療が得意なのでそれを目的として来院する

  患者様が多くいらっしゃいます☺️

 

 

どのように除去していくか細かく記載されたブログがこちらですので宜しければご覧ください⬇️⬇️

破折リーマー除去

 

 

 

そして除去したリーマーがこちら!

写真で見ると大きく感じますが、実物で見ると髪の毛くらいの細さです🥺💦

 

 

その後はいつも通り根管内を清掃、充填し

土台をたてて仮歯をのせます。

 

 

 

前後のお写真がこちらおねがい

現段階では仮歯の状態です!

歯肉のラインが合っていない歯は、部分的な矯正を行い引き上げることが望ましいとされていますが

患者様と話し合いをして、ブラッシング状態も良好なのでこのままでいくことになりました。

 

 

 

いかがでしたか?

当院では必要に応じてオペを行い

根管治療の際は必ずCTを見ながら

どのように治療していくか計画をたてて開始します☺️

気になる方は気軽にご相談くださいね晴れ