WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

治療が終了された患者様

 

 

 

 

 

 

 

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の北村ですオカメインコ

 

 

 

 

今回は、治療が終了された患者様の症例をご紹介します。

 

 

 

患者様は他院で前歯の根管治療をされたのですが、しっかり治療ができているのか心配なので診てほしいという主訴があり来院されましたキョロキョロ

 

 

 

他の患者様もリーマーが折れたまま治療が終了していたり、神経が取り残こしから感染が広がっているなどの経験をされ、不安を感じ来院される方がたくさんいらっしゃいます!!

 

 

皆さまも治療への不安でお困りの経験はありますか??

 

 

当院では、患者様の主訴をしっかりお聞きして、口腔内全体を詳しく検査し、今後も健康な状態を維持できる改善策をお伝えしておりますニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、患者様の初診時の口腔内です歯

 

 

患者様の主訴である前歯に加え、検査で見つかった下の奥歯の根尖病変を治療するための根管治療からスタートしました!

 

 

 

 

 

 

歯の根の部分の神経が取り残された状態で治療を終了されているため、根の先に細菌が溜まっていますガーンハッ

 

 

 

根の神経をしっかり取り除き、根の中の消毒を行いましたキラキラキラキラキラキラ

 

 

 

根管内にバイオセラミックシーラーを充填し、根管を封鎖します。

 

 

 

 

その後、病変が小さくなっていくことを約3ヶ月経過観察するのですが、その期間中の噛み合わせを確保するために仮歯を入れます歯

 

 

仮歯ですが、最終的にセットするセラミックの歯と同じように設計された仮歯を入れるため、生活に不自由することはありません筋肉キラキラ

 

 

 

最終的なセラミックの被せ物を入れるまでの間に、二次感染を起こしている詰め物を再治療し、二次感染が起きにくいセラミックの詰め物をセットしましたキラキラ

 

 

 

 

 

下の奥歯の治療が終了して経過観察後に病変が小さくなり骨が形成されている事が確認できましたグラサン!!

 

 

 

 

 

 

ここから最終的なセラミックの被せ物を作成していきますおねがいラブラブ

 

 

 

 

患者様の歯の色調に合った被せ物にする為に色合いを決める写真撮影を行っていますカメラキラキラ

 

 

 

 

下矢印被せ物が入り終了した写真がこちらです下矢印

 

 

 

 

 

 

見た目も、根尖の状態も良くなり、無事治療が終了しました!!!!

 

 

 

患者様は来院された時から、プラークコントロールもできており、歯茎の状態も大きな炎症がありませんでしたが、治療と歯茎のメンテナンスを行うことで、さらに良い状態になっていますラブ

 

 

患者様が治療やブラッシングに真剣に向き合ってくださることで、私たちも患者様に満足していただけるようもっと頑張ろうと熱意が入ります炎

 

 

 

今後も、患者様との信頼関係を大切にしながら、患者様の口腔内環境を整えていきます照れラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

松川デンタルオフィス 衛生士 北村黒猫