WEB診療予約

CASE

カテゴリー

以下クリックで各カテゴリーの症例がご覧いただけます。

マイクロスコープ診療根管治療/再根管治療矯正歯科虫歯治療

大阪府東住吉区から来院された患者様 噛み合わせが原因で奥歯ばかり治療していた患者様

天王寺から歩いて徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の三村です🦷

今回は、総合診療についてお話致します!

今回の患者様は、右上の1番奥の銀歯に違和感があり来院されました。

資料をとって診断をつけるため、レントゲン+CTを撮影してみます。

白く映るところが骨になっているのに対し、黄色で囲っている部分は大きく骨吸収を起こしています。

大きな骨吸収があると、抜歯と診断する歯医者も多くありますが

当院では根管治療で歯を残します

院長は日本顕微鏡歯科学会認定医です。

マイクロスコープを用いて、精密根管治療を行なっていきます🔬

唾液や血液から治療している歯を守る

ラバーダム防湿や隔壁は必須条件ですね。

唾液や血液には沢山の細菌が含まれているので、せっかく虫歯治療をしても唾液に触れるだけで全て台無しです。

ですので、ラバーダム防湿などの処置を行うのは当たり前なのですが、これを行ってない歯医者も沢山あるようです😞

半年後に、レントゲン+CTを撮影してみると

あれだけ溶けていた骨が少しずつ回復しています

しかし、この患者様はなぜ奥歯ばかり治療痕があるのでしょうか

その原因は<噛み合わせ>にあります。

噛み合わせが悪いのと、何の関係があるのか不思議に思われる方が殆どだと思います。

例えば今回の患者様は

噛み合わせが深く、右上の犬歯が下の歯と噛み合っていない状態にあります。

犬歯は犬歯誘導といい、側方運動時に犬歯だけが当たり奥歯が浮く状態が良い噛み合わせと言われています。

しかし、この方は犬歯が機能していない+噛み合わせが深いことによって奥歯に過剰な圧がかかってしまっていたのです。

また、歯軋り食いしばりの力が強かったのも原因の一つにあります。

噛み合わせを改善する為に、矯正

治療を行っていきます🦷

矯正前のお口のお写真がこちらです。

お口の写真やレントゲン写真を撮り、矯正の専門医の先生に診断して頂きます!

矯正は

①ラビアル矯正(ワイヤータイプ)

②インビザライン矯正(マウスピースタイプ)

2種類があります🦷

こちらの患者様はワイヤー矯正にて矯正を行いました

矯正終了後のデータです!

無事に犬歯も機能し、噛み合わせが深かったのも改善していますね☺️

矯正は、見た目を綺麗にするのは勿論ですが

歯を長持ちさせるための予防治療とも言えます!

この歳で矯正を始めるのに抵抗があると悩まれる患者様が沢山いらっしゃいます。

この患者様は治療痕は多かったものの、一本も歯を失っていません。

ですので、この患者様の矯正治療も決して遅くありません!

一度抜いた歯はもう戻ってきません。

抜歯と診断されたその歯は本当に根管治療で残せないのか

また、抜歯になった原因は何なのか

松川デンタルオフィスでは原因を追求し、歯にとって最善の選択を行いますのでご安心ください☺️

気になった方は是非当院にご相談ください🦷

症例データ

年代/性別 40代男性
治療方法 感染根管処置
ラビアル矯正
治療期間 約4年
費用 矯正検査・診断料:¥55,000
ラビアル(上下顎:表側装置):¥803,000
保定料:¥55,000
再診料:¥5,500

感染根管治療:¥132,000
リトリートメント:¥33,000
ファイバーコア:¥33,000
オールセラミックス:¥176,000
備考 経過観察が必要
矯正医・総合診療医ともに高い技術が求められる