WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

虫歯治療

セラミックインレーについて

 

 

 

 

天王寺駅から歩いて徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎です(^-^)

今回はセラミックの詰め物(セラミックインレー)についてご紹介しますニコニコ

この患者様は当院に通院されるまでは、全て保険による治療を他院で行われてました。

レジンと呼ばれるその日のうちに削って詰めてれるものや、銀歯を入れていました。

そして、今回は虫歯の感染のリスクから歯を守る為にも再治療する歯は全てセラミックで治療を行いました。

 

(左右の奥2本の歯をレジンと銀歯右矢印セラミックにやり変えました)

では何故セラミックがそんなに良いのかと言いますと、金属(銀歯)に比べ錆びるという心配はありません

銀歯は錆びてきたり、錆びたところからまた虫歯が再発したりするので当院ではオススメはしていません。

レジンはセラミックに比べると見た目も勿論、劣りますが強度性の面でも弱く、噛む面にレジンを入れると欠けてきたりしてしまいますアセアセ

欠けたところから虫歯になったりする恐れがあるので、当院では大き過ぎる虫歯はレジンでは治さずにセラミックの詰め物をオススメしています。

レジンのように少しずつ欠けるのではなく、稀にセラミックが取れる場合はそのままポロっと外れるか、噛み合わせが強く当たり過ぎてたり、歯ぎしり・食い縛りによって割れてしまう事が多いです。

 

なので、レジンみたいに少しずつ欠けてその隙間から虫歯が進行するリスクも低くなりますキラキラ

かといって、セラミックに強度性がないかと言うとそういう訳ではございません!!

当院ではe-max(イーマックス)と呼ばれる、セラミックの中でもトップクラスで審美性、耐久性に優れた物を使用しています。

他のセラミックと比べても、透明感がありとても綺麗で仕上りが天然の歯と区別がつきにくい程です。

 

(写真の左側の奥から2番目と3番目の銀歯右矢印セラミックにやり変えました)

どうですか?本物の歯とはパッと見た感じでは全く区別がつきませんよねお願いキラキラ

表面もツヤがあり、ツルツルとしてるので舌触りも違和感なく、磨き残し(細菌)を寄せ付けにくい構造になっています。

見た目にも違いがあります!!

 

小臼歯と呼ばれる歯は笑った時に口角が上がると見える所になるので、そこに銀歯があるとどうしてもキラッと光って目立ってしまいます。

それをセラミックにする事でここまで自然に解消でします流れ星

ここは特に女性の方は特に気にされる人が多いですね

もし可能であれば、虫歯の再発リスクを減らしてあげ、ご自身の歯と長く付き合っていく将来の事を考えてセラミックを選んで頂くのが一番理想的です。

また何か相談があれば是非、スタッフ・院長にご相談下さいニコニコルンルン