WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

虫歯治療

銀歯の下は…

 

 

天王寺駅から歩いて1分の歯医者『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎ですキラキラ

 

 

 

今回は数年前に入れた銀歯がどのように感染していくかをみていこうと思います!!

 

 

皆様もお口の中に何年も前に治療をした銀歯は入っていませんか?

 

当院では現在、銀歯で治療する方法はあまり推進しておりません。

患者さんには、セラミックを優先して選択して頂いておりますニコニコ

 

それは何故かと言いますと

 

院長の長年の治療を行ってきた統計で、銀歯を入れると高確率で感染してしまっていたからですガーンガーン

 

 

お口の中の環境はお食事する度に酸性に傾くのですが、そこに金属が入っていると物理的に錆びてしまいます。

銅像などが雨(酸性雨)によって錆びてしまうのど同じイメージですアセアセ

そこから感染を引き起こします!

 

それ以外にも感染経路はあります。

 

例えば、歯ぎしりやくいしばりなどの噛む力が過度にかかることにより、変形してこのような隙間が出来てきますえーん

 

 

『力』が過度にかかることで、擦り減ったり

 

 

 

穴があいてくることもあります

 

 

ここから菌が入り込み、銀歯の中が感染をおこしています

 

 

この銀歯は一見、何も感染してないように見えますよね??

 

 

実際に外してみると

 

中ではこれだけ虫歯が進行していましたガーン

 

実際に自分の目では確認出来ないところなので、こんな事になっているとはという感じですよね。。

非常に怖いですよね。。

 

 

ほとんどの患者さんが外した後の写真を見てゾッとされていますガーン

そして、銀歯の怖さを知った上でセラミックを選択されます。

 

 

そこから菌の感染層を取り除いて、最終的にセラミックを入れていきますニコニコ流れ星

 

 

感染部の治療については、当院のブログで何度も載せさせて頂いてるので今回は省略させて頂きます!!

 

皆様のお口の中の銀歯は大丈夫ですか?

下が黒くなったり、擦り減ったりしてませんか?

 

また心配になれば歯科医院を受診してみて下さいニコニコキラキラ