WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

虫歯治療

銀歯とセラミックス

天王寺駅から徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』歯科衛生士の森下ですニコニコ
だんだんと肌寒くなり秋も深まってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
早速ですが、誰もが虫歯になり治療をしていくと、銀歯の詰め物またはセラミックスの詰め物のどちらかを入れなければなりません。
こちらの患者様は、昔に銀歯の詰め物を入れましたが銀歯の下で虫歯になり感染してしまっています。

 

 

銀歯には、金銀パラジウム合金という貴金属系合金が多く使われています。
その材料が銀歯に使われることにより、金属が酸化し徐々に歯と銀歯の間に隙間ができ、虫歯になってしまいます。
なので、虫歯を取ったからといって銀歯を詰めることにより再び感染するリスクが高くなってしまいます。
その反面、セラミックスでは劣化が起こりにくく、正確性が高く歯にピッタリと合い、銀歯のように汚れは付着しにくいので虫歯になりにくいです。
銀歯の下で虫歯になっているところは全てセラミックスを詰められました!!

 

あとは3ヶ月に1度の定期検診に通っていただき、お口の中を清潔に保っていただくことが大切です(^^)
少しでも気になることがありましたら当院スタッフ、院長までご気軽にご相談下さい😁✨