WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

西成区から来院 他院で根管治療中だが痛みが治らない患者さん

天王寺駅から徒歩1分・マイクロスコープを用いて治療をしている歯医者『松川デンタルオフィス』歯科衛生士の森下です。

 

今回は【根管治療】について紹介します。

 

🦷 50代/女性の患者さん

『右上7番目の歯がじわーっとした痛みがある』

という主訴で来院されました。

他院で約1年、根管治療を行なっていたがずっとその症状は治らなかったそうです。

 

まずCTを撮影しますと

 

上顎洞の白い影があります。

上顎洞粘膜が肥厚しており、骨吸収を起こしていることが分かります。

このことが原因で痛みが出ていると考えられます。

 

毎度お馴染みの、ラバーダム防湿を行い再根管治療がスタートします。

 

感染を除去し進めていくと、パーフォレーションが発見されました。

パーフォレーションとは

根管とは異なる部分に穴が開いてしまっている状態のことです。

 

こういったケースでは “抜歯” と診断されることが多いですが

当院では、根管治療を専門的に行なっておりますので院長にお任せ下さい✨

普段から難しい根管治療をし、何人もの患者さんの歯を保存して救っています。

 

その為には、マイクロスコープで根管を拡大し精密な治療を行うことがとても重要す。

 

他院で繰り返し根管治療を行っていたことにより、根尖部が拡大され従来の根尖孔のサイズよりかなり大きくなっていました。

パーフォレーションもあったのでこういった場合は、MTAセメントを使用し根管を封鎖します!

 

MTAセメントとは

① 強アリカル性で殺菌効果が高い

長期間、殺菌し続ける

封鎖性が高く、生体親和性がある

という特徴があるとても優秀なお薬です。

 

MTAセメントを根管内に充填している動画がこちらです。

 

このように必ずマイクロスコープ下で一つ一つ確認を行いながら充填します。

 

そして土台を立て、仮歯で6ヶ月間生活していただき、6ヶ月後に治っているかどうかCTを撮影します。

 

 

白く影になっていた上顎洞の肥厚が見事になくなっています!!!

ずっと残っていた痛みもなくなり今は快適に生活をされています!

 

根管治療は、根管が細く小さいので肉眼では見えにくくとても難しい治療です。

すぐに抜歯と診断されることも少なくはないでしょう。

それを何とかしてでも保存しよう!と治療を行うのが当院の院長です!

 

なかなか治らないと困って来院された患者さんの歯を完治させ、多くの患者さんが喜んでおられます✨

 

 

同じ歯を何度も治療しても良くならないことや、違和感や痛みが続いている方は一度、当院へご気軽にご相談下さい😄🌷

 

 

 

症例データ

年代/性別 50代/女性
症状 他院で約1年、根管治療をしているがじわーっとした痛みがずっとある
治療方法 根管治療
費用 感染根管処置:¥121,000
再根管治療費:¥22,000
MTAセメント:¥33,000
ファイバーコア:¥22,000
オールセラミッククラウン:¥176,000
備考 メリット:歯を残すことができる
デメリット:歯科医師に高い技術が求められる