WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

自費治療希望で来院された患者様の治療について

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の北村ですあしあと

 

 

 

 

今回は、根管治療と歯冠長延長術をされた患者様の経過観察を終え、最終的なセラミックの詰め物をセットした症例をご紹介しますおねがい

 

 

 

患者様は右上の前歯を保険診療で虫歯治療を行ったが歯茎がプクッと腫れてきてしまい、治らなかったので、自費治療でしっかり治して自分の歯を残こしたいという主訴で来院されました。

 

 

 

 

 

検査の結果、根管内の壁に穴が空いていること(パーフォレーション)や、根管の先に神経が取り残されていることが分かりました!!

 

 

歯茎がプクッと腫れていた原因は、根管内に溜まった感染物から形成された膿の出口です。

 

 

 

また、補綴物と歯茎の適合も良くない状態でしたもやもやもやもやもやもや

 

 

患者様が一生懸命セルフケアをされていても、治療が隅々まで行き届いていなかったり、歯の形態や、正しい噛み合わせ、合っていない補綴物が入っていることで、清掃困難や、度々被せ物が取れるなどのトラブルが起こります宇宙人くんハッ

 

 

 

 

今回の根管治療では、根管内の消毒と根管内の穴を封鎖するためのパーフォレーションリペアも行いました。

 

 

 

PCパーフォレーションリペア

 

以前パーフォレーションリペアに
ついての内容をブログを掲載しているので是非ご覧くださいチューリップ

 

 

 

根管治療を終え、経過観察中に歯冠長延長術を行い、被せ物の土台周りの歯肉を整えます。

 

 

歯冠長延長術を行った後に大切なことは、施術した部分の清掃をしっかり行うことです!

 

 

毎日歯間ブラシでプラーク(歯垢)を除去して、歯肉が炎症を起こさないようセルフケア方法も説明させていただきますOK

 

 

 

最終的な補綴物をセットした写真と初診時の写真を比較してみましょうカメラキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

色調も整っているので見た目もキレイになりましたキラキラ

 

 

補綴物と歯の適合性が良いので、清掃も行き届き、二次感染のリスクも低くなります。

 

 

 

同じ歯を何度治療しても良くならないことや、頑張ってブラッシングしているのに治療が絶えないことで悩まれていませんかキョロキョロ?

 

一度、当院へご相談ください虹