WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

神経の取り残しがあった歯の根管治療

 

 

 

天王寺から歩いて徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の岡です食パン

 

気温が上がり暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?熱中症などには十分お気をつけください晴れ

 

 

今回は、歯の神経の取り残しが原因で

根尖病変ができてしまったケースの根管治療をご紹介したいと思います!!

 

 

小さいレントゲンで確認したところ

骨が溶けており、根尖病変があるのが分かりますアセアセ

 

虫歯の部分をすべて除去し、根管治療を始めていくと

なんと もうひとつ、隠れていた根管があったんですガーンもやもや

 

 

 

 

 

マイクロスコープで撮影した治療の様子がこちらです目

 

 

 

薬剤を根管内にいれて細い超音波の機械を使い、感染を取り除いていきます!

 

 

その後、根管充填を行い 現在と比較したレントゲンがこちらです下矢印

根尖病変が消えて、骨ができているのが分かりますおねがい

感染しないようファイバーコアという土台をたてます。。。

 

 

この患者様はもともと矯正をご希望であったため、その歯には矯正用の仮歯をかぶせ、矯正治療に入ります。

 

 

歯が移動しているのがわかりますねキョロキョロ

 

 

 

このケースのように根管治療が正しく行われておらず、感染がおきてしまっている状態の神経が残っていると炎症がおきて根尖病変ができてしまいますえーん

 

 

こういった隠れた根管を見逃さないために、当院では必ず

CT撮影マイクロスコープを使用したりして治療していきます流れ星流れ星

同様の症例はこちらにもございますので、参照ください。

 

 

 

気になるお悩みがあればいつでもご相談くださいOK!!