WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

虫歯治療

矯正中の虫歯治療について

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」歯科衛生士の花待です(っ ॑꒳ ॑c)💕

 

今回は『矯正中の患者様の虫歯治療』についての症例をご紹介します🐰✨

基本的には、虫歯の治療を終えてから矯正治療を始めます。

しかし、保険の銀色の詰め物は感染のリスクが高い事や、年数が経ち劣化していて耐久性に限界がきていた事もあり、矯正中に虫歯が出来てしまいました。

そこで、詰め物を外し、虫歯の治療を行う事になりました。

治療前の写真がこちらです。

{B83B0AF8-C32A-4B13-96B9-5532C8D1476F}

これから銀色の詰め物を外し、虫歯の除去を行います。

まず初めに、機械を使って虫歯になっている銀色の詰め物を外していきます。

銀色の詰め物を外し終えたら、次に虫歯の除去を行います。

当院で虫歯治療を行う際、特に重要視している事は、「マイクロスコープを使用し時間をかけて丁寧に虫歯を除去すること」です。

マイクロスコープとは手術用顕微鏡を歯科用に開発されたもので、通常の20倍の大きさで見ることが出来ます。

そのため、虫歯を完全に取り除けたかを確認することが出来ます✨

虫歯の除去が終わりました。

その写真がこちらです。

{4B1A2835-09C2-40E2-96D9-D284B689F987}

 

当院では、矯正期間中も院長が定期的に検診を行っていますので、虫歯が出来てしまってもすぐに発見し、治療する事ができます。

そして、虫歯の治療行う際にはマイクロスコープを使用し、時間をかけて虫歯を完全に取り除くので安心して治療を行うことが出来ます。少しでも気になった事があれば、お気軽にご相談ください(*´꒳`*)✨

松川デンタルオフィス

歯科衛生士 花待