WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

外科治療

歯肉の手術〜セラミックが入るまで

 

天王寺駅から徒歩1分の歯医者

『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎です。

今回は「歯肉の手術〜オールセラミックの被せ物が入るまで」を紹介しますニコニコ

この方は以前、通院されていたところで入れて頂いていた被せ物が取れてしまったと来院されました

状態を確認してみると、歯の周りの歯肉の後ろの辺りが少し盛り上がってしまっています。

ここの歯茎が盛り上がってしまっていると、被せ物と歯との間が出来、隙間から細菌が入ってしまいますえーん

この方は、まだ虫歯などに感染はしていませんでしたキラキラ

そして、自分の歯が歯茎より3mm以上出ていないと噛む力などの咬合力に負けてしまい長期間の保存が難しくなりますガーン

手前に近い方は、ご自身の歯の高さが3mm程度の確保は出来ていますが、それ以外のところでは全く歯質がなく土台のレジンと呼ばれる人工物しかありませんアセアセ

このケースのように元の歯質の高さが足りなければ、手術をして歯肉の高さを下げて3mmの高さを作り出します流れ星

手術の概要は歯肉を切開し、中の歯肉の厚みを減らしていったり、余分な歯肉を切り取っていったりします。

今回は中の余分な歯肉をマイクロスコープで確認しながら取り除いていきましたキラキラ

1〜2週間で糸を抜きます。その時でも大体の傷は治癒していますが、まだ歯肉が不安定なので仮歯を入れた状態で6ヶ月程待ちます。

手術をされた方の大半は、術後の痛みはほとんど無かったとおっしゃられていますお願い

場合によっては、外部の刺激から傷口をカバーする為に炎症を抑える薬の入った粘土のような物を貼る場合もあります。

そして、最終の歯型を採るときにはここまで綺麗に歯質が歯肉の上から3mm程出ています。

ここまで来ると、外れたり感染するリスクは大幅に軽減する事が可能です

あとは上にセラミックの被せ物を入れて完成ですOK

完成した後がこちらですおねがいキラキラ

被せ物が入ってしまえば下の歯は見えなくなりますが、見えないところで手を抜くと後で必ずトラブルが起こってしまいます。

当院では、手を抜かずに長持ちするように歯の治療に専念していますニコニコ

何か気になる点などございましたら、お問い合わせ下さいルンルン