WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

インプラント

歯科治療について

天王寺駅から徒歩1分の歯科医院『松川デンタルオフィス』歯科衛生士 西浦です。
今回のブログは、下のインプラントの被せ物が取れたという事で来院されました。
この方のお口の中にはいくつかの問題点があったので、優先順位をつけ進めて行く必要がありました。
まずは下に入ってるかなり前に手術したインプラント。そのまま使えるような物ではなかったので、イプラントを抜く作業から始めました。インプラントを抜いた後の骨や歯茎の組織の回復を待つ間に上の歯の治療を行いました。上の歯の一番の問題点は、白い所が剥がれているということではなく、上の歯が下に伸びてきている事により、正しい上の歯の位置がズレているということです。
ちょうど黄色の線が正しい位置になります。このまま下の歯を作っても上下の正しい位置関係ではないので、来院された時の様にすぐ下の歯が外れてしまいます。
そして上の歯の治療方法としては、再度歯の根っこの治療をし、型取りをして、ブリッジと被せ物という形で治療を行いました。また患者様が審美性を気にされたので、前回とは違う材料のジルコニアという材料を選ばれました。
ジルコニアというのは、人工ダイヤモンドで出来ているとても硬い材料です。またセラミックスと同様、菌を寄せ付けない材料です。

今回のブログは治療途中の写真なのですが、これから下の歯には再度イプラントの手術を行う予定です。
全ての治療が終了した際には、また皆さんに紹介出来ればと思います。
衛生士 西浦