WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

歯周病

歯周基本治療について

天王寺駅から歩いて1分の歯医者『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎です☆

梅雨に入りジメジメした毎日ですが、皆さん体調は崩されていないでしょうか?

これから夏本番になっていきますが、体調には十分お気を付け下さい(^^)!

今回は「歯周病の基本治療」を行い、ある程度の改善がみられた患者様について紹介させていただきます。

この方の初診時のお写真がこちらです。

正面から見ると少し歯茎が腫れているのが分かりますか?

口を開けて頂き、下の歯の内側を見てみると…

歯の周りに歯石が沢山付いています。
この歯石が付いている方は表面だけでなく、歯茎の下(歯の根の周り)にも必ず歯石が付いています。

初回は歯周病の検査結果がこちらです。

出血率が20%を上回っていたり、歯周ポケットが4mm以上のところが多々ありました。

ここからブラッシング指導や、歯間清掃をお伝えし、2週間お家で実践して頂きます。

そして2週間頑張って頂いた結果がこちらです。

出血率が20%を下回ったのと、下の前歯の4mm以上の歯周ポケットが改善してきました。

ここからは、衛生士が時間をかけて歯茎の中に溜まった歯石を取っていきます。

長期間、歯医者に通って無かったこともあり、かなりの量の歯石がしっかりと歯に張り付いていました。

歯茎の中の歯石を取っていくと、中にはしみる症状がでたりする方もいらっしゃいますが、この患者様は無事に「歯周基本治療」を終える事が出来ました(>▽<)b

「歯周基本治療」後のお写真がこちらです。

検査結果がこちらです!

出血率が10%を切ることが出来ました。まだポケットの数値が深いところもありますが…これから歯の治療を行い、しっかり合った被せものを入れていくことで改善していく可能性があります。

(この患者様は仕事の関係で少し来院出来ない期間があり初回の検査から少し時間が空いていますが、頑張って通って頂きました。)

そして治療前と治療後のお写真を比較したものがこちらです☆
注) 左が治療前 右が治療後

歯茎の色が綺麗なピンク色に変わりました。
歯の周りに付いていた黒っぽい色は歯茎の中の歯石が透けて見えていたので、それを取り除くと元の歯茎に戻ります(^o^)/

皆さんの中にも長年、歯医者さんに行っていなくて行きにくいという方もいらっしゃると思いますが…
この先ずっと放置しておくと「もう少し早く来てくれてたらこの歯は助かったんですけどね…」などといった取り返しのつかない事になることもありますので、勇気を出して早めに歯医者さんを受診してみて下さい☆☆