WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

歯冠長延長術と根管治療について

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の大島です。
いよいよ花粉が飛び始めましたねカゼちょうちょ
鼻が詰まるとどうしても口呼吸になりますバイキンくん口呼吸による口の乾燥は風邪や喉の痛みだけでなく、歯周病の悪化にも繋がりますおばけくんぜひお気を付けくださいね!
さて、今回の症例は外傷により歯が歯肉内部まで欠けてしまった患者様の歯冠長延長術と根管治療についてです。
こちらの患者様は御自宅で顎を強打した際に、オールセラミックスと歯肉の隙間の歯が欠けてしまったので、歯冠長延長術で歯肉を下げる処置を行ってから再根管治療を行いました。
星歯冠長延長術前

星歯冠長延長術後

 

 

当院では必ず根管治療を進める前に、欠けてしまった歯をレジンという材料で復旧させて、ラバーダムというゴムの覆いを装着出来るように準備します流れ星
ラバーダムによる防湿はとても重要であるにも関わらず、保険診療による根管治療では使用されないことがほとんどですショボーンショボーンショボーン
当院では根管治療内にCTやマイクロスコープだけでなく、レジンでの歯の復旧やラバーダム防湿も含まれていますのでご安心ください爆笑爆笑爆笑
根管治療では、以前根管に詰めてあった材料を除去し、様々な薬剤や器具を用いて根管内を洗浄・消毒します。
こちらの患者様は今も根管治療を進めている最中ですが、根管内が完全に綺麗になったらお薬を詰めて、被せ物を作っていく予定です流れ星
以前、根管治療を行った歯の調子が悪かったり、根管治療が必要と診断されたが不安なことがあるなど、セカンドオピニオンも行なっておりますニコニコ
ぜひご相談くださいね爆笑
「松川デンタルオフィス」衛生士  大島