WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

矯正歯科

正中離開の矯正

天王寺駅から徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』歯科衛生士の森下ですヒヨコ
こちらの患者様は、前歯に隙間があるので矯正をしたい!という主訴で来院されました。

 

このように 前歯の中心に隙間があることを正中離開と言います。
主に上唇小帯という前歯の中央部分から唇につながっているスジが、異常に発達することが原因とされています。

 

 

左下の奥歯(7番目の歯)の根が残ったままになっています。
この歯は抜くことになりますが、親知らずを移動させて奥歯として使用します。
いつも通り、矯正の精密検査を必ずして診断を受けて問題がなければ矯正がスタートします。
まずは前歯だけに装置をつけ、歯を動かした後に全体に装置をつけて綺麗に並べていきます。

 

1ヶ月ごとワイヤーやゴムを交換し、少しずつ歯を動かしていきます。
矢印の順に見ていただくと、歯の隙間がなくなっていることが分かりますよね😊
そして約3年かけて終了されました!

 

見違えるほど綺麗になりましたよね✨✨
前歯のスペースがなくなりました!
歯と歯の間に隙間がありますが、これはダイレクトボンディングで治療していく予定です。
以前は、かなり深い噛み合わせでしたが前歯同士できちんと噛んでいますよね!
そして正中離開になる原因だった上唇小帯も今では元の位置に戻りました!
少しでも歯並びや矯正について気になる方は是非、ご気軽にご相談下さい😄🌷