WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

虫歯治療

欠けてしまった歯の治療

 

 

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の北村です。

牛新年明けましておめでとうございます富士山

門松本年もよろしくお願いいたします門松

さて、今回は欠けてしまった前歯の治療をご紹介します鉛筆

 

2017年から治療や定期検診で通っていらっしゃる患者様です。

転倒により、前歯が欠けてしまったとのことで来院されましたえーん

まずは、欠けてしまった歯の神経が無事か確かめる為に、レントゲン写真を撮り、さらに、電気歯髄診(歯に微弱な電流を流し神経の生死を確認する診断)を行います。

 

診断後、神経が無事だったことが確認できたので、神経を温存する治療を行います。

今回は、レジンという歯科材料を使用して、歯の形態を修復しました。

治療中は、唾液と血液からの感染を防御する為にラバーダム防湿を行います。

 

この工程は、根管治療でも必須です。

口腔内の唾液や血液には、虫歯や歯周病の感染リスクとなる細菌がたくさん含まれていますもやもや

その細菌と治療する歯が接触することにより、二次感染のリスクが高くなりますショボーン

当院では、治療した歯を、長く良い状態で保つ為に、治療中の感染には徹底して取り組んでいます筋肉

根管治療で欠かせないマイクロスコープですが、今回の治療でも大活躍です!!!!

マイクロスコープを使うことで、肉眼では確認できないような細かい部分も見逃さない為、隙間や凹凸のない状態に仕上がります。

レジンで歯の形態を作り形を整えた後は、天然歯と同じような艶が出るよう丁寧に研磨します。

治療後の写真がこちらですカメラキラキラ

 

 

 

歯の形も、艶も、天然歯と見分けがつかないような仕上がりになりましたキラキラ

患者様も治療後、ご自身の歯を見て安心していましたおねがい

今回治療した歯は、神経に衝撃が加わった歯な為、今後も神経の状態を経過観察する必要があります。

治療後も定期検診や歯医者でのケアを行っていくことで、ご自身の歯を長く守ることができます。

歯科治療に関して悩んでいる方や、お困りの方、ぜひ当院へご相談ください!!