WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

根管治療について

 

 

 

 

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の北村です豚

 

 

 

暖かい日が続き桜もキレイに咲いて、外でも過ごしやすい天気ですが、お花見やピクニックができないので少し寂しいですねショボーン

 

今後の感染を広めない為にも!!

 

 

当院では、来院された患者様に手指アルコール消毒、コロナウイルス対策の問診票の記載、体温測定の御協力をお願いしております!!

 

 

 

 

 

 

院内の空気循環のために入り口と窓を開放も続行中ですウインクキラキラ

 

 

 

 

今回は、根管治療を行われた患者様の症例です。

 

 

他歯科医院で根管治療を行われた歯の根の部分に、根尖病変が見られましたバイキンくん

 

 

 

根の先まで神経が取れていないことが原因で根尖部に感染が広がっていますえーんハッ

 

一度神経を取っている歯が感染した場合
は、神経を取り除いているため、虫歯になって感じるような冷水や温水がしみる自覚症状がない為、レントゲンで感染を発見するケースもみられます。

 

 

 

歯根の部分に菌が溜まっている為、噛んだときの違和感や痛みを感じられる方が多いと思いますが、痛みがないからといって根尖病変を放置してしまうと、どんどん悪化してしまい、抜歯になってしまう可能性が高くなってしまいますもやもやもやもやもやもや

 

 

 

当院の根管治療では、治療前にCT撮影を行い、歯根がどのような形態をしているか把握し、根管治療のイメージを行い、どのようにアプローチしていくか作戦たてます!!

 

 

PC解析中虫めがね

 

 

 

 

 

 

CT解析を行い、治療の作戦を立てることができたところで治療に入ります。

 

 

治療中もCTとマイクロスコープ両方で確認することで、根管治療内の細部を調べることが可能になり、取り残しの神経や感染物質を瞬時に発見することができますグッ

 

 

 

治療では根管の形態や、細さにより器具を使い分けて治療していきます。

 

 

 

根管内の感染物質の除去、消毒が終わったら、空洞になっている根管内にバイオセラミックシーラーというお薬を入れ封鎖します。

 

 

このときは仮蓋の状態になる為、次の治療ではしっかりは封鎖するために土台作りをします

 

 

 

土台が完成し、完全に封鎖した状態で仮歯を入れて根尖病変が治癒していくことを約6ヶ月経過観察します。

 

 

計画観察後のレントゲンがこちらです

 

 

 

 

根尖病変ができて、溶けていた部分は真っ黒ですが、原因をしっかり取り除いたことで歯根の周りの骨が白っぽく写っていることが確認できます照れ

 

 

その後は、二次感染が起こりにくくするために、セラミックの被せ物を入れて、治療は完了ですOKキラキラ

 

 

 

 

治療中ももちろんですが、治療以外のときにも丁寧に、確認を重ねることで確実に治癒することができます。

 

 

 

虫歯や根管治療でお困りの方は、是非ご相談下さい流れ星