WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

根管治療について

天王寺から歩いて徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の岡です晴れ

 

 

今回は、当院で行っている根管治療についてお話します☺️

 

 

 

こちらは院長の師匠、山田邦昌先生のセミナーで

グランプリを頂いたときの賞状です☺️

山田先生は根管治療のエキスパートで、

日本でもトップレベルの先生なんです!!!!!

 

 

そんなすごい先生のセミナーを受け

日々技術向上に努めています💪🏻

 

 

受付には、他にも頂いた賞状がズラリと並んでいます♫

 

 

 

 

では、どのように根管治療を行なっているのかご説明しますね。

まず 口腔内写真、パノラマやデンタルといった二次元的なレントゲンを撮影します

 

 

 

 

この方は右上の5番目の歯のセラミックスが外れ、来院されました。

しかし!根管治療が不十分なままこのセラミックスを戻してしまうと数年後、気付かないうちに根尖病変ができ骨が溶けてしまう可能性が😱

 

 

 

 

 

CTを撮影してしっかりと解析し、

いつも通りラバーダム防湿を行い治療していきます♫

 

 

 

 

 

削って一気に取ってしまいたいところですが、

そうすると誤った根の方向に穴をあけてしまう「パーフォレーション」がおきてしまうので

慎重に少しずつ除去していく必要があります😊

 

 

 

ピンク色の充填材を除去した後は

不十分だった根尖の清掃や消毒を行います!

 

 

 

 

根管治療の際も、コロナウイルス対策としてニュースでも話題になっていた消毒薬「次亜塩素酸ナトリウム」を使用するんです!!

 

 

 

根管内がキレイになったら根管充填を行います

その様子もマイクロスコープの動画でご覧下さい!

 

 

 

根尖までお薬が到達しているか、しっかり封鎖できているかを確認する為に必ずレントゲンを撮影し確認します!

この後は土台をたててセラミックスをいれます

 

 

 

 

この患者様は噛む力が強く、同じ形でセラミックスを作製するとすぐに外れたりする可能性がある為

すべて覆う被せで作製しセットしました☺️

 

 

 

 

当院での一般的な根管治療はこのような流れで治療を行なっています。

重度な根尖病変があるケースにはMTAで根管充填をしたり、折れたリーマーが残っているケースはリーマー除去を行ったりと、患者様それぞれに合った治療を行います👍🏻

 

 

 

当院での根管治療が気になった方は気軽にご相談ください!