WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

根管治療について

天王寺駅から徒歩1分・マイクロスコープを用いて治療をしている歯医者『松川デンタルオフィス』歯科衛生士の森下ですヒヨコ
暑い日々から一転、涼しくなりましたが皆様 お変わりございませんか?🍃
体調を崩しやすい季節ですのでを気つけてお過ごし下さい。
こちらの患者様は、右下・右上7番目の歯が虫歯になって穴が開いています。
そして右下6番目の歯は、銀歯の下で感染しています。

 

レントゲン写真を撮影しました。

 

右下6番目の歯をCTで見てみますと膿が溜まり、根尖の骨が溶けてしまっていることが鮮明に分かります。

 

このまま放っておくと、根尖病変がどんどん大きくなり骨が溶け、歯を残すことが不可能ということになります。
レントゲン写真を見ていただくと、根の先まで最終のお薬が入っていないことが分かります。
これは再感染する原因の1つです。
なので根管治療で根の先までしっかり消毒を行うことが大事になります。
そして、右下・右上の7番目の歯は2本ともかなり大きく虫歯になっており、神経まで感染しているのでこちらの歯も根管治療が必要です。
まずCTを撮影し、根の向きや根の本数などを確認してから根管治療に入ります。
いつもと同じく、唾液が入らないようラバーダム防湿も欠かさず行います。
当院では、治療はマイクロスコープを使用しています。
マイクロスコープを使用する事で、肉眼では見ることができない根管内の状態を見ることができたり、感染した所の取り残しを見落とすこと無く治療する事ができます!
そして、細い器具や薬液を使って腐敗している神経や細菌を完全に取り除くため、徹底的に消毒・洗浄を繰り返します!
最後に根の代わりになるお薬を詰めます。

 

そして土台を立て、仮歯で6ヶ月間過ごしていただきます。
その間に溶けていた骨が再形成することを待ちます。

 

まだ最終の被せ物ではなく仮歯ですが、かなり綺麗ですよね✨✨
他にも虫歯があればそちらの治療を行い、3ヶ月に1回の定期検診で診させていただきます。
抜歯と診断をされた歯でも根管治療を行うことで残せるかもしれません!✨
少しでも気になる方は是非、ご気軽にご相談下さい😄🌷