WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療審美歯科インプラント外科治療

根管治療〜外科処置まで

 

 

天王寺駅から徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎ですニコニコ

 

今回は長期間に渡って通院して頂いている患者さんの『根管治療歯茎の移殖インプラント』の治療について紹介致しますキラキラ

 

 

初診時は右下の4番目・6番目に根尖病変があり、右下の7番目の歯が無い状態でした。

 

 

 

 

CT画像でも骨がない事が確認できます

 

 

そこから感染根管治療を行い、感染源を取り除いていきますニコニコ

 

根管治療が完了すると半年間は仮歯で過ごし、溶けていた骨が出来るかどうか経過観察を行います。

 

その間に、治療期間を短縮する為に7番目の歯が無いところにインプラントを埋入します!

 

根尖にあった骨吸収も感染源が取れた事により、無事に骨が再生してきていますニコニコキラキラ

 

 

7番目の歯を抜いてから長年時間が経っているようで、歯茎のラインが下がってしまっていますアセアセ

そして、上の7番目の歯も噛み合わせがない事により歯が挺出してきています。(下がってきている状態)

 

 

この状態だと折角、インプラントを入れても審美的にも良くありませんガーン

何よりブラッシング時に、しっかりとした硬い歯茎がないと清掃不良が起きてしまい、インプラント周囲炎(インプラントが歯周病のようになること)になってしまいますガーン

 

それを防ぐ為に上顎から歯茎を移殖してきます

歯茎が足りていない頬っぺた側へ移殖して、粘土のような物を貼り付け、上手くくっついてくれるのを待ちます

 

 

術後1週間でパックを取り除き、術後2週間で糸抜きを行います。

 

2週間で既に親和しているようにみえますお願い

 

 

移殖した歯茎はまだまだ剥がれやすい為、ブラッシングは6週間は控えて頂きます注意

 

そして歯茎がしっかりとした頃にインプラントの上部構造を作っていきます

 

これで一通り右下の治療は完了しましたニコニコルンルン

 

下がっていた歯茎のラインも綺麗に整い、硬い歯茎が出来た事によりブラッシングをしても痛みがないようになっています!

 

上の下がって来ていた歯も治療を行い、正しい噛み合わせへと変わっていきました。

 

見た目もすごく綺麗になりましたお願いキラキラ

 

 

噛み合わせが良いと歯の寿命も長くなりますOK

 

皆様も何かお口の中で悩んでる事があれば是非、ご相談下さい流れ星