WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

根尖病変とは。

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」
歯科衛生士の大島です。
今年はなんだか秋の期間が短く、あっという間に年末が迫ってきましたねイチョウ
今回は根尖病変についてお話します!
根尖病変とは字の通り、根の尖端が悪くなっている状態ですバイキンくん
原因には虫歯・根の治療が不十分などが挙げられますショボーン
この患者様は今回定期検診で3ヶ月ぶりにいらっしゃったのですが、『少し前から右下の歯肉に口内炎が出来たり消えたりする』とお話されたので口の中を拝見すると、口内炎では無く根尖病変を起こすと出来るフィステルというおできの様なものが出来ていました。

もちろん3ヶ月前の検診の時はありませんでしたので、レントゲン撮影をし確認すると根尖病変の影がくっきりと出ていました。

この方の場合は虫歯でも根の治療の不十分でもなく、歯ぎしり・食いしばり等によるものと診断されました。思いもよらない原因で、私もビックリしました。
診断後すぐに根の治療がスタートしましたが、CTで確認すると根の先の周りの骨が吸収してしまっているのがよく分かります。

歯の病気というと、虫歯や歯周病くらいしか知られていませんが色々な病気がありますおばけくん
中には気付かない内に進んでしまう病気も沢山ありますバイキンくん
ぜひ、なにも自覚症状が無くても歯医者に検診にいらしてくださいねウインクウインクウインク
当院は12月29日午前まで診療を行っております星
松川デンタルオフィス大島