WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

東住吉区から来院 神経の取り残しが原因で大きな根尖病変が…

 

天王寺から歩いて徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の岡です!

 

今回は、神経の取り残しが原因で大きな根尖病変があった患者様についてご紹介致します。

 

この患者様は検診をご希望で来院されました。

 

 

一見なにもない銀歯ですがレントゲン写真を撮るとかなり大きな根尖病変がある事が分かりました😰

 

 

根全体が丸く黒くなっているのが分かりますよね。

これは、根の先に神経の取り残しなどの感染があると

その細菌が骨を溶かしてしまう病気なんです😭

この根尖病変が大きいと、虫歯や歯周病でもないのに抜歯するしかないというケースも

 

早速、CTを撮影し計画を立てて治療開始します☺️

まず通常通り被せや土台を外し虫歯を除去します!

その後は「隔壁」という歯の壁を作ります。

この隔壁がないと根管治療中に細菌が行ったり来たりしてしまいます

 

治療中は「ラバーダム防湿」を行い、徹底的に口腔内の細菌をブロック!!

感染を全て取り切り、お薬を入れて土台を立てます!

その後6ヶ月経過を見たレントゲン写真の比較がこちら。

 

 

大きく溶けていた骨が回復して、かなり小さくなってくれています☺️!!!

経過観察中はキレイな仮歯をいれるので、見た目や食事などの問題は一切ありません💫

 

 

一つ奥の銀歯もやりかえ、セラミックスまで入ったお写真がこちらです!

 

 

天然歯にとても近く、色味やツヤがキレイです☺️

あれだけ大きな根尖病変があっても当院で治療することによって根尖病変がなくなり

何も問題なく歯を残すことができました!😊

 

 

いかがでしたか?

何も症状がないからといって病気がないわけではありません。少しでも気になった方は是非ご相談ください💫

 

 

 

症例データ

年代/性別 40代/女性
症状 神経の取り残しが原因で大きな根尖病変ができていた
治療方法 再根管治療
費用 感染根管処置・・・121000円
リトリートメント費用・・・22000円
ファイバーコア・・・22000円
オールセラミックス・・・176000円
備考 メリット/歯を残すことができる
デメリット/歯科医師に高い技術が求められる