WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

抜歯しなくても大丈夫かもしれません!

 

天王寺から歩いて徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の岡ですメロンパン

12月がスタートし本格的に寒くなってきました☃️

体調にはお気をつけくださいね。

今回は根管治療についてお話し致しますおねがい

 

 

こちらの患者様は、他院で抜歯と言われ

歯を残したいとのことで来院されました。

まずレントゲンを撮影してみると

 

根のところが黒く透けているのがわかりますが、

CTで見ると更に大きさが分かります💦

 

最初に撮影した二次元のレントゲンより

明確に骨が溶けている部分が分かります。

切断面から見ると頬っぺた側がごっそり😱

①二次元のレントゲン写真やCTを必ず撮影する

どのような状態か把握し治療計画をたてて

患者様に説明してから治療をスタートします

まず、銀の被せと土台を外した状態がこちらです。

黒くなっていて中で感染していたのが分かります

 

もちろんこの感染を取り切りますが、取り切った後は

②隔壁という壁をたてる

この隔壁がなければ、根管治療の際に細菌が行ったり来たりを繰り返してしまうんです!

隔壁をたてて、根尖の炎症を抑えてくれるアルカリ性のお薬をいれた状態がこちらです💁‍♀️

 

それから根管治療を始めます

③根管治療では必ずラバーダム防湿を行う

根尖の炎症が強い場合には

MTAセメントを使用する

感染を取り切りMTAをおいた後はファイバーコアという土台をたてて仮歯をつけます☺︎

6ヶ月経過観察しますが、この患者様は他の虫歯もあったのでその治療を行いました

そして経過観察終了後にもう一度レントゲン撮影をし、

比較すると

 

当院で根管治療を行うことにより

黒く透けていたレントゲンも以前より白くなっていて骨ができているのが確認できます✨✨

全体の口腔内写真を比較すると爆笑

 

銀歯が入っていて二次感染していたところもセラミックスで治療したので見た目もかなりキレイになりましたウインクルンルン

当院での根管治療では、

①二次元のレントゲン写真やCTを必ず撮影する

②隔壁という壁をたてる

③根管治療では必ずラバーダム防湿を行う

④場合によってはMTAセメントを使用する

ということを行なっています。

患者様ひとりひとりに合わせた治療計画・最適な治療を行います!!

通院している歯科医院で抜歯と言われて諦めていませんか?

もしかすると、残せるかもしれませんキラキラキラキラ

気になった方は気軽にご相談下さい!