WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

感染根管処置に入るまで②

このブログの内容は前のブログの続きです。

 

 

そして、接着剤の上に壁となるレジンを盛り付けていきます。

 



 

この黄色のペーストがレジンです。

ブルーライトで固めるまでは柔らかく操作性が良いです。

 

固めた後は、次回から根の治療に入るので形を整え壁を作ります。

整えた後がこちらです。

 



 

虫歯を取り除いた時よりも、壁が分厚く割れにくい状態となりました。

 

そして、この穴の中をクエン酸という酸性の強いお薬で消毒し、再度仮蓋をのせていきます。

一重の蓋だとほんの少しの隙間から唾液の中の菌が侵入する恐れがあるので、この上に元の歯と同じ形態をした白い仮歯を作ります。

 

これで菌の侵入だけでなく、見た目も改善されます。

 

次回はまた仮歯を外し、仮蓋を外してから根の再治療へと入っていきます。

 

 

 

また機会があれば根の治療についても紹介させていただきたいと思います照れ