WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

大阪府堺市から来院された患者様 神経の取り残しによる根尖病変は綺麗に治るのか!?

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の三村です。

最近は涼しくなり、秋を感じられる良い季節になってきましたね🍂

寒暖差で体調を崩されないようお気をつけください💦

『根管治療だけ一生懸命やってもなんの意味もないですよ』院長がいつも患者さんに話されていますが、今回はそんな症例を提示させていただきます。

患者さんは30代女性。ずっと歯医者に通っているが、一向に良くならない…どころか悪化していく。という主訴で来院されました。特に痛みの強い左下の奥歯を診てみます。

 

こちらは、治療前のCTです。

黄色く囲っているところが黒く映っているのがわかりますね🤔

この部分は、骨が溶けて根尖病変ができています。

そして、根尖病変が大きすぎるため

赤で囲っている部分の下歯槽管と呼ばれる神経の管を圧迫してしまっているのがわかります。左下の顎が痛い原因はこれだったんですね。

この大きな根尖病変を、根管治療で治していきます!

まず、虫歯を完全に取り、その隔壁と呼ばれるレジンの壁を立てていきます!

隔壁を立てないと、治療中に唾液が入ってしまったり細菌が入ってしまいます。

そしてラバーダム防湿を行って根管治療スタート!

ゴムの覆いを歯にかけて、唾液・細菌の侵入を防ぎます。

根管治療を行う際には必ずマイクロスコープを使用し、精密な治療を行います。

1年後、根尖病変がなくなったか

CTを撮影してみると

黄色に囲んだ黒く映っていた部分がきれいになくなり、白く映っています
無事、骨が回復して患者様も喜ばれていました☺️
今回治療した歯は、左下の1番奥の歯です。
この患者様は、この歯以外の奥歯も治療歴があります。
なぜ奥歯ばかり治療が必要になってしまうのか、根本的な理由を探らなければ永久に歯の治療が必要になってしまいます。
根本的な理由は、噛み合わせです。
この患者様のお口の中を見てみると、前歯が当たっていないことがわかります。

前歯がしっかり当たるようにするには、矯正治療が必要になります!

この患者様は、ワイヤー矯正で矯正を始めることになりました🦷

綺麗に並んできて、前歯もしっかり当たってくれています☺️

もうすぐ矯正治療も完了です。

当院では矯正治療は沖田、原先生が担当していますが、噛み合わせは院長がものすごーく細かくチェックしてます。私達歯科衛生士は虫歯や歯茎の炎症が無いかを、ものすごーく細かくチェックしています。矯正医、一般歯科医、歯科衛生士の連携が正しく取れていないと成人矯正の成功はありえないと松川デンタルオフィスでは考えています。

これで奥歯も長生きすること間違いなしです!

この方の治療後の状態はまたおって報告しますね☺️

他にも、当院で矯正治療・根管治療を行った方の症例集がございますので是非ご参照ください🦷

【矯正治療】

https://www.matsukawa-dental.com/case_cat/%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91/

皆様綺麗な歯列になっております✨

【根管治療】

https://www.matsukawa-dental.com/case_cat/%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e6%b2%bb%e7%99%82/

いかがでしたか?根管治療も矯正治療も、気になる方は是非ご相談くださいね🎶

症例データ

年代/性別 30代女性
症状 ずっと歯医者に通っているが、一向に良くならない…どころか悪化していく。痛みが強い。
治療方法 感染根管処置
ラビアル矯正
治療期間 約2年間
費用 感染根管処置・・・¥121,000
再根管治療費・・・¥22,000
ファイバーコア・・・¥22,000
オールセラミッククラウン・・・¥176,000

費用 検査料:33,000円
ラビアル(上下顎:表側装置):770,000円
再診料:5,500円
保定料:55,000円
保定時観察料:3,300円

備考 メリット/歯を残すことができる
デメリット/歯科医師、矯正医に高い技術が求められる