WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

外傷による根尖病変

天王寺駅から徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』歯科衛生士の森下ですヒヨコ
こちらの患者様の右下6番目の歯は、昔に他院にてセラミックスの詰め物を入れておられます。

 

しかし、レントゲン写真とCTを撮影しますと…
根尖病変があることが分かります。

 

 

歯ぎしり 又は 食いしばり などの外傷によって神経が死んでしまったと考えられます。
そして根の先で膿が溜まっていて、骨が溶けています。
せっかくセラミックスという良い材質の詰め物を入れておられましたが、また治療が必要になります😣
ですが❗️抜歯など勿体ないことをする必要はありません❗️❗️❗️
こちらの場合は、根管治療をきっちり行うと歯を残すことが可能です✨
いつも通り、ラバーダムシートを用いて唾液が入ってこないようにしっかり防湿をします。
そしてマイクロスコープ下で根管内の洗浄・消毒を行っていきます。
根管内の細菌などを除いた後、根の先までお薬を入れます。

 

ここでの根管治療がきちんと行われていない場合は、根の先までお薬が入っていないことが多く、再感染を起こす原因になってしまいます。
先までお薬が入ったことを確認し、土台を立て、仮歯のまま6ヶ月生活していただき、その間は骨の再生を待ちます。
初めのときと比べると骨が再生していることが分かります。
🌟 レントゲン上、骨は白く写ってきます。
きちんと確認した上で、仮歯から最終の被せ物の型取りをして被せていきます。

 

オールセラミックスクラウンを被せた状態です✨
セラミックスなので綺麗なことはもちろんですが、汚れが付きにくいので虫歯になりにいくいということも大事な特徴の1つです!
根管治療を怠ってしまうと必ず再感染を起こし、酷い状態では骨も根もダメになり抜歯になる可能性もあります。
しっかり時間をかけて慎重に根管治療を行うことで、再感染を防ぎ歯を残すことができます‼️
根管治療などでお悩みの方は、1度是非ご相談下さい😄🌈