WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

審美歯科

前歯の治療について

天王寺駅から徒歩1分の歯科医院『松川デンタルオフィス』歯科衛生士の西浦です。

遅くなりましたが、皆様明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します!

今回は左上の歯をセラミックスで修復された方をご紹介したいと思います。

上の写真は初診時の写真、下の写真が最終の被せものの写真です。

写真を見てわかる通り、白い所が剥がれて、中の金属まで見えています。それから歯茎も腫れていますね…

まずは歯周病の治療、そして被せものの治療という流れで通常は進めて行くのですが、この方の特徴は歯周病の治療後に「歯冠長延長術」という治療を行いその後、被せものの治療を行いました。
この歯冠長延長術は、名前だけ聞くと何がなんやら難しいそうな治療名ですが、簡単に説明すると歯の長さを変える(長くする)処置になります。
この方の場合は歯ぎしりにより前歯の長さが短くなっていたので、左右の前歯二本ずつの歯の長さを長くする手術を行いました。

セラミックスでご自身の歯に似せて作ることに加え歯の長さを変える事で、より審美性の高い被せものに仕上がります!この2つをすると、笑った時の印象がかなり変わります(´ー`)
患者様それぞれに合わせた治療を提案出来るよう、これからも頑張っていきたいと思います♪

歯科衛生士 西浦