WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

審美歯科

前歯のオールセラミック

 

天王寺駅から徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎ですニコニコキラキラ

 

今回は上顎前歯(右上③番〜左上③番)のオールセラミックの被せ物について紹介します

 

 

 

この方は初診で来院された時は、こんな感じで少し前歯が出ているような感じでした!

 

 

 

まずは、根尖に膿が溜まり骨が溶けてしまっているので今入っている被せ物を外し根管治療を再度行います流れ星

 

 

こちらが根管治療中です下矢印

ラバーダム防湿を行い無菌に近い状態で治療をしていますキラキラ

 

根尖の感染源を取り除き、根管内に神経の代わりになる薬を詰め、封鎖します

 

 

その上から土台(コア)を入れて、少し高さがずれていた歯茎のラインを綺麗に合わせる為、レーザーを使用し余分な歯茎を切り取っていきます

 

 

これで根管治療は一旦、終了ですニコニコ

あとは溶けていた骨が出来てくるのを36ケ月待ちますルンルン

 

その間は仮歯で過ごして頂き、最終形の形のイメージを膨らませて頂きます

 

 

骨の再生具合を確かめる為、X線写真を撮影します

 

無事に溶けていた骨が感染する前の状態に近いぐらい出来てきています

 

ここまで骨が出来てくると、根管治療は成功なので最終の型採りを行いますOK

 

上の前歯は審美性でも一番大切なところになるので、なるべく患者様の要望に答えながら色や形、サイズなどを決めていきます

 

 

そして、患者様の要望を技工士さんにもお伝えし作って頂きます

 

 

 

 

 

出ていた前歯も綺麗に収まっていますお願いキラキラ

下の歯と色を合わせて作っているので、やり変えた歯だけが白く浮いたりせずに周りにしっかりと馴染んでいます!!

患者さんも喜ばれてましたニコニコ

 

 

この方はホワイトニングはしなくて良いとの事でしたので天然の歯の色ですが、ほとんどの方は最終形が入る前にホワイトニングを行い周囲の歯を白く明るくしてから、入れるので口元がとても清潔感があり、若々しくみえますニコニコ流れ星

 

最終形を入れた後だとセラミックはホワイトニングで白くならない為、どうしても色の差が出てきますので悩まれてる方は、先にする事をオススメします!

 

前歯はとても印象が変わりやすいので、皆様もコンプレックスなどあればご相談下さいおねがい!