WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

虫歯治療

ダイレクトボンディング

天王寺駅から徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎ですニコニコ

今回は「ダイレクトボンディング」について紹介致しますキラキラ

軽症の虫歯であれば、歯を残す為にセラミックなどの詰め物をせずに小さく削りレジンで治せる事があります。

この方は以前詰めていたレジンが古くなり、少しだけ変色してきて感染してきている為、歯と歯の間2箇所をやり治しを行いますニコニコ

 

①ラバーダム防湿を行い、歯とラバーの隙間から唾液が入らないように周囲の歯を青色のレジンでブロックします。

②歯と歯の間が狭く、処置を行う際に見えにくいので『セパレーター』と呼ばれる、一時的に歯と歯の間を広げてくれる器具を装着します

 

③感染していたレジンを取り除く際は、健康な歯を削らないよう、注意をしながら行います。

感染源を取り残していないか、検知液を用いてチェックします

 

 

④充填を行う前に接着力を上げる為、歯の表面のエナメル質と呼ばれる表面の処理を行います。

接着する部位のエナメル質を粗造にして接着性を良くしますOK

 

⑤ボンディング材の塗布

⑥レジンの充填

歯の色は患者さんによって違います。

患者さんの歯の色に合わせて、より自然な仕上がりになるよう内面と外面の2層構造で充填していきます。

 

 

⑦研磨

細かく何度かに分けて充填している為、表面が少しザラついているので研磨をして滑らかにします。

仕上げ研磨では、ツヤが出るように磨きます。

 

 

 

 

⑧終了

 

全体的に歯の色がトーンアップして綺麗になりました

詰めた部分の色も歯と近い色をしてるので分かりにくいですよねお願いキラキラ

現在はなるべく必要最低限の部分のみ削り、健康な歯は残していくという治療が多くなってきています。

歯は『治療する』から『予防する』

時代に変わってきていますニコニコ

何かあってからでは手遅れになってしまう場合もありますショボーンガーン

そうならないように皆様も定期検診は忘れずに受診して下さいおねがいルンルン