WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

虫歯治療

ダイレクトボンディングについて

天王寺駅から徒歩1分・マイクロスコープを用いて治療をしている歯医者『松川デンタルオフィス』歯科衛生士の森下です猫
今回は【ダイレクトボンディング】について動画と共に紹介させていただきます!
ダイレクトボンディングとは…
軽症の虫歯で、歯を残す為に詰め物をせずに小さく削りレジンで治せる事があります。
多種類のレジンを使用し、天然歯のような自然な色や形を再現する治療法です。
🌟 虫歯の部分のみをピンポイントで削る為、健全な歯を削らなくて済みます。
こちらの患者様は、左下の4番目の歯にダイレクトボンディングを行いました。

 

昔に治療をしていましたが際の部分が虫歯になってしまった為、一度古いレジンを除去し、新たに充填をし直していきます。
前回の治療で歯と歯茎の境目に圧排をしておらず、隙間が残っており充填が不十分でそこから細菌が入り感染を起こしたと考えられます。
きちんと圧排をして境目を明瞭にし、マイクロスコープ下で歯を拡大しながら一つ一つ丁寧に治療を行っていきます!
そしてカリエスチェックという、虫歯にだけ青く染まる液をつけて虫歯の取り残しがないか確認を行います。

 

充填を行う前に接着力を上げる為、歯の表面のエナメル質と呼ばれる表面の処理を行います。

 

レジンは光で固まってしまう材質なので、硬化しないように遮光をします。

 

接着剤を塗布し、いよいよレジンを充填します。
歯の色は人それぞれなので患者さんに合った色を選び、自然な仕上がりになるよう一層目と二層目を均一に充填していきます。
充填が終わったら研磨を行います。
表面のザラつきを研磨し、滑らかにしてツヤを出していきます。

 

そしてこちらが治療後の状態です!
どこに詰めたのかよく見てみないと分からないぐらい綺麗になっていますよね✨
歯は皮膚などと違い、一度失うと再生しない組織です。
治療を行う際にいかに健康な部分を残しておくかが重要になります。
マイクロスコープを使用することで必要最低限の部分のみを削る・歯の削りすぎを防ぐということがこれからの歯の寿命に大きく関わってきます。
少しでも気になることがありましたら是非 お気軽にご相談下さい😄☘️