WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

審美歯科

セラミックのブリッジについて

天王寺駅から歩いて徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎です。

ゴールデンウィーク明けで、仕事が始まりみなさんお疲れ気味ではないですか?
最近、暑くなってきたので体調には気をつけて下さいね☆☆
本日はセラミックのブリッジについて説明させて頂きます!!
セラミックの被せ物については何度かお話はさせて頂いてるので省略させて頂きます。
左側の上下のお写真を見て頂いて分かるように、この方は治療前は左上の歯が1本、 右下の歯が1本無い状態でした。
この無い歯を補う為にブリッジという治療方法を選択しました。
(※写真では左右が逆に写っています)
自由診療の場合は治療が始まる前に型採りをし、治療中に歯が無い状態を防ぐ為に仮の歯を作っておきます。
そして、仮の歯が出来上がれば治療がスタートします。
歯が無い前後の歯が使えそうだったので虫歯の所を削って落とし、神経を保護する材料を入れ、上に被せ物を入れる為に歯を一回り小さくし形を整えていきます。
そして型採りをし、
最終の被せ物を作りますo(*>▽<*)o
被せ物が出来上がってくるまでは仮歯で過ごして頂きます♪
この方はまだ治療の途中なので、右の下の奥3本が仮歯の状態です。
仮歯でもこんなにキレイに仕上がります♪
そしてセラミックのブリッジ完成後のお写真が右側の上です!
見た目もすごく綺麗ですよね〜★
右上の銀歯のところもセラミックでやりかえをし、左下の奥歯も虫歯の治療後セラミックの詰め物を行っています。
被せ物や詰め物を入れることは見た目だけでなくしっかりとバランス良く噛めるかが大切なところになってきます♪
みなさんも、しっかりと噛めるお口の環境作りを目指しましょう \(^O^)/★