WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

ジルコニアセラミックの被せ物について

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の大島です。

今回はジルコニアセラミックの被せ物がセットされた患者様の症例をご紹介します。

こちらの患者様は初めてご来院いただいた時、前歯にメタルボンドという内側が金属で外側にセラミックが焼付けてある被せ物を入れておられましたが、被せ物と歯ぐきの境い目が合っておらず見えている歯も黒く変色している状態でした。

治療は被せ物を外し中の虫歯を取り除き根管治療(神経の管の治療)を改めて行い、ファイバーの土台を入れその上からジルコニアセラミックの被せ物を入れました。

この患者様の場合は噛み合わせの強さ等を考慮して、オールセラミックではなく強度を増したジルコニアセラミックの被せ物を選択しましたが、色味も綺麗で患者様にも満足いただけました!

せっかくの自費の被せ物ですから長持ちするように、ご自身に合った色調の物を入れられるようご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください(^^)

「松川デンタルオフィス」衛生士  大島