WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

審美歯科

オールセラミックスの治療について

天王寺駅から徒歩1分の歯科医院『松川デンタルオフィス』歯科衛生士 西浦です。

今回は前歯をオールセラミックスで治療された方をご紹介したいと思います。

初診時、歯と歯茎の境目が黒いのが気になると来院されました。

そもそもなぜこの様な事が起こるかというと1つの原因として被せ物の適合がきっちりと合っていないということが考えられます。
歯と被せ物がきっちり合っていないと、その間に溝が出来ます。
その隙間から虫歯に感染し、歯茎の位置までも変わってしまったという訳です(>_<)

当院での主な治療の流れとしては、歯周病の治療→虫歯の治療になります。
この方の場合は歯周病の治療後、虫歯を取り除く事はもちろんですが被せ物を一度外して、歯の根っこも再消毒する必要がありました。
最後に根っこに神経の代わりになる薬を入れます。
治療前

治療後

治療後の様にしっかり根っこの先までお薬を入れる事が歯の根っこの治療では大事になってきます!

その後、土台を立て仮歯を作ります。
最後に被せ物の型取りをするのですが、
今回は前歯という事もあり、審美性が問われる所なので技工士さんに立ち会ってもらい歯の色調を記録してもらいました!

治療前、治療後の写真です。

見比べてみるとその差にビックリしますね〜!
患者さまも歯の出来上がりに大満足されていました‼︎

同じ様なお悩みやまた違ったお悩みをお持ちの方は是非当院の院長、スタッフに相談して下さいね〜(^^)

衛生士 西浦