WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

審美歯科

オールセラミックについて

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の大島です。

 

今回は先日前歯の最終の被せ物を装着した患者様の装着前後の写真を載せています。

この患者様は当院初診時にもメタルボンドというセラミックと金属の被せ物が入っていましたが、被せ物と歯の境界が合っておらず形もイビツであったためやり替えることになりました。

メタルボンドを外し、根の再治療を行い土台を装着し、最終被せ物のオールセラミックは色味のバランスを細かく修整して、ようやくの装着となりました!

当院では前歯のオールセラミックなど細かい色調を決める際に技工所から歯科技工士を招いて色調を決定します。カメラのデータを渡すだけでは伝わりにくいことも、直接技工士が確認することで最適な物に仕上げることが出来ます。

笑ったときやお話するときに必ず見える前歯ですから、納得いく被せ物を入れたいですよね(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

衛生士としてはなるべく虫歯が出来ない&進まないように管理していくのが仕事ですが、もし出来てしまっても最適な被せ物を入れて再発の危険を遠ざけることは出来ますので、お任せくださいね!

 

「松川デンタルオフィス」 歯科衛生士 大島