WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

虫歯治療

オールセラミックについて

天王寺駅から歩いて徒歩1分の歯医者『松川デンタルオフィス』衛生士の山崎です!

今回はオールセラミックの被せ物についてご紹介致しますキラキラ

被せ物に関しては、詰めるタイプとは異なり削ったところに詰めるのではなく、歯の土台の上に全て覆い被せるようなタイプとなります。

なので360°どこから見ても、全てがセラミックで綺麗な歯となりますお願い!!

 

この患者様は初診でご来院された時に左上の2番目の歯に保険の被せ物を入れていましたが、歯茎との境界のあたりが合わなくなっていき見た目も少し悪くなってしまっていました。

 

それ以外にも前歯に大きなレジンの詰め物を行っていました。

レジンの下でまた虫歯が再発して黒くなっています。。

この歯の虫歯の部分を削ってもう一度詰め直すには、ほとんどご自身の歯が残らず危険な状態になるので被せ物にするようにしました!!

 

今の状態では正中(歯の基準となる真ん中のライン)もずれていて、噛み合わせも深過ぎるので下の歯が見えずらくなっています。

このままの状態で同じ様な歯にしても出来があまり良くならないので、歯の形態の修正をしていきます!

右上の1番目の歯 左上の1.2番目の歯を治療していきます。

まずは前歯の虫歯のところを削っていき、感染しているところを取り切ります!

取っていくと神経にまで虫歯が進行していたので、神経の治療をしてファイバーの土台を入れました

そして仮歯をいれてる状態がこちらです

 

仮歯なので色が少し周囲の歯と馴染んでませんが前の状態よりも見た目も改善してきていますよねおねがい

そして仮歯まで入るとデュアルホワイトニングを行い、天然の周りの歯を白くしていきます!

 

そうする事で最終のセラミックの型採りを行う際、技工士さんに立ち会って頂き周りの歯と統一感のあるように色味をみて仕上げて頂けます(当院では前歯など目立つところには、より自然に仕上げる為、技工士さんの立会いをオススメしております)

そして、ホワイトニングが終われば形態修正に入ります。

仮歯を少しずつ短くしたりして、微調整を行い1番綺麗に見える状態や噛み合わせをみていきます。

前の歯は真ん中の正中線がずれていたり、過蓋咬合(上の歯が下の歯を隠すぐらいの深い噛み合わせ)が起きていたりと、問題は沢山ありました。

それを解消しているのがこの最終形です!!!!

 

歯も少し小ぶりになり、綺麗に収まっていますよね。

下の歯も見える事でバランスが良くみえますキラキラ

技工士さんも色をしっかりと周りの歯と合わせて作って下さったのでどこが被せ物か分かりにくいですよね音符

術前と術後でみてみると


正中線も綺麗にあっています!

前歯の治療は1番見えるところで、周りの人からの印象も受けやすい歯なので本当に慎重に治療を考えないといけませんよねアセアセ

年末年始と忙しい日々が続くと思いますが、また是非、ご自身の口腔内を見つめ直す時間を作ってみて下さいニコニコルンルン