WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

審美歯科

アマルガムという材料について

天王寺駅から徒歩1分の歯科医院『松川デンタルオフィス』歯科衛生士 西浦です。
今回は劣化したアマルガムの詰め物をセラミックスで治療された方の症例写真を載せました(´ー`)

そもそもアマルガムとは戦後間もない時代から使われ始めた歯科材料で歯科用水銀アマルガムというのが正式名称です。
材料名の通り高濃度の水銀が含まれています。
水 銀アマルガムで治療後、口の中の粘膜から水銀が吸収され臓器に蓄積されると視力、味覚、嗅覚障害、頭痛、アレルギー、胃腸障害、不眠など様々な症状を引き 起こすと言われてます。今ではアマルガムを使用した治療はほとんど行われませんが、まだ日本では保険治療において使用可能な歯科材料なのです。アマルガム で治療されてる方の多くは、現在30代、40代の方で小中学校時代に歯科医院に通われた方。またブログに載せた写真のように奥歯に詰め物をされている方で す。もちろん当医院ではアマルガムによる治療は行ってはいませんが、アマルガムについて、まだまだ知らない方が多くいらっしゃるので、今回ブログの内容と して書きました。
他に疑問や不安があればいつでも当医院の院長、スタッフに聞いてくださいね♬

衛生士 西浦