WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

ほんとに抜歯しないといけませんか?

天王寺から歩いて徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の岡ですUMAくん

 

当院では感染予防の為、患者様の出入りがあるたびチェアー周りはもちろん、受付も消毒を行なっています宇宙人くん

 

 

 

 

 

そして今回は 他院で抜歯と診断された患者様についてご紹介しますえーん

 

 

 

ケース① 

 虫歯を放置して他院で抜歯と言われた歯

 

 

 

この患者様は、被せていた銀の詰め物がとれてから歯医者にいかず放置していたようで

虫歯が神経にまで及んでいたにもかかわらず放置していたことにより大きな根尖病変ができてしまいましたバイキンくん

 

その為他院で抜歯と診断されたそうです。

 

 

 

 

 

ケース② 

 根管治療で使う器具が根の先で折れている

 

 

この患者様は、他院で根管治療中に「リーマー」という細い器具が折れてしまったそうで来院されましたもやもや

 

治療中にリーマーが折れてしまうことは少なくはありません。

しかし、折れてしまうとそのリーマーを除去するのは難しく その先の根の消毒も出来ない状態になり

ほとんどが 根尖病変ができたり痛みが再発することもガーン

 

その為、根管治療を専門の歯医者に行くよう勧められたそうです。

 

 

 

 

そしてこの2つのケースの歯を治療し、

どうなったか見ていきましょう流れ星流れ星

 

 

 

ケース①の歯は、ラバーダムやマイクロスコープを使用していつも通り根管治療を行い根の先までしっかり清掃します!

 

 

この時点でも病変が薄くなって骨ができているのが分かりますおねがいキラキラ

その後仮歯で経過観察し、セラミックスの歯をのせます

 

 

 

ケース②の歯は、まず折れているリーマーを除去します晴れ

 

リーマー除去の方法についてはブログで記載してありますのでそちらをご覧下さいね

 

 

除去した後はカーブしていて清掃が難しいところも根尖まできっちり拡大、清掃をしますウインク

これが重要!!!!

 

 

 

 

 

他院で根尖病変が大きい為抜歯と診断されたり

リーマーが折れてしまったとのことで来院される方が多数いらっしゃいますえーん

 

 

 

しかし!!当院で治療された方のほとんどは抜歯することなく現在快適に噛むことができていますおねがいピンクハート

 

 

 

多くの歯科医院がマイクロスコープ・CTなどの設備がなかったり、時間に余裕をもって治療することができなかったり、、、

 

 

流れ星 当院では、患者様ひとりひとりに合わせた治療・細かい分析や診断を行う為、余裕がある治療時間をとっています!

 

流れ星 外(唾液などの口腔内細菌)からの感染を防ぐ為、必ずラバーダム防湿を行います!

 

流れ星 CT撮影を行って神経の数や方向を確認しながら治療し、肉眼では確認しづらい神経の取り残しが絶対にないように、マイクロスコープを使用して治療を行います!

 

 

 

「抜歯するしかない」と言われるととても不安に思いますよね。

でもその歯は助けることができるかもしれませんおねがい

少しでも気になった方は一度相談にいらしてくださいね!!