審美歯科治療をお考えの方へ

銀歯や歯の黄ばみなど、口元のお悩みをお持ちではありませんか? 銀歯は特に目立ちやすく、人前で笑うことをためらってしまう方もいらっしゃいます。そんな口元のお悩みは、審美歯科で簡単に解消することができます。天王寺歯医者「医療法人明星会松川デンタルオフィス」では、患者様の口元のお悩みを丁寧にカウンセリングし、様々な治療法をご提案しています。機能性と審美性を兼ね備えた理想の口元を審美歯科治療で手に入れましょう。

審美歯科治療をお考えの方へ

銀歯が気になる方へ

銀歯が気になる方へ

むし歯の治療によく利用される銀歯ですが、見た目が目立つために「気になる」というお声をよく耳にします。そのような患者様には、銀歯を白いセラミックにかえる審美歯科治療がおすすめです。自然な見た目にするのはもちろんですが、銀歯よりもむし歯の再発の可能性を下げることが可能です。当院では咬み合わせなどの機能性と、口腔内の健康の維持も重要だと考えて審美歯科治療を行っています。

どんなに見た目が美しくなっても、咬み合わせに問題ができてしまっては詰め物・被せ物をかえる意味がありません。治療の前に患者様の咬み合わせを細かくチェックし、正しい咬み合わせになるよう注意して処置を行っています。機能性に優れた健康的で美しい口元となるよう、サポートさせていただきますので、気になることは何でもご相談ください。

歯科技工士との連携で白さにこだわります 

歯科技工士とは

歯科技工士とは

詰め物・被せ物はどこでどのように作成されているかご存知ですか? 歯科医師が作るわけではなく、専門知識を持った歯科技工士が作成しています。歯科医師の腕がどんなによくても、技工士の技量が低ければ患者様にご満足いただける詰め物・被せ物を作ることはできません。当院では、高度な技術を持った歯科技工所と連携しながら、患者様の自然な歯のような詰め物・被せ物を提供しています。

丁寧なカウンセリング

審美歯科治療は、むし歯などの治療とは異なり、患者様のご希望に添って理想の口元をつくっていきます。患者様が満足できる仕上りにするため、治療前はもちろんのこと、治療中や治療後にもカウンセリングを行い、患者様の「理想」を医師と患者様の間で共有するよう努めております。

丁寧なカウンセリング

コミュニケーションを取りながら、治療に関する情報もわかりやすくお伝えしています。不安や疑問点がありましたら、お気軽にご質問ください。

機能面を重視した審美歯科治療

詰め物・被せ物をかえるだけでは当院の審美歯科治療とは言えません。詰め物・被せ物をかえたいと思っている歯が、むし歯や歯周病になっていた場合は、まずその治療を優先し健康な状態になってから審美歯科治療を行っていきます。

機能面を重視した審美歯科治療

歯周病などにより歯ぐきのバランスが悪くなっている場合は、「歯肉形成治療」という作業が必要です。歯肉形成治療は高度な治療技術が必要ですが、すべての歯科医がその技術を身につけているわけではありません。見た目が悪い歯だけではなく、口元の美をトータルに目指していらっしゃる方は、ぜひ当院へお問い合わせください。

口腔内環境をしっかりと整えることで、より白く美しい口元を手に入れることができます。

当院の取り扱い補綴物(ほてつぶつ)

ジルコニア
ジルコニア 人工ダイヤモンドとしてご存知の方も多いでしょう。セラミックの中で最も美しいと言われている素材です。金属のような強度をもち、白く透明感があります。

金属を使用していないので、金属アレルギーの心配はありません。
オールセラミック
オールセラミック その名のとおり、セラミックのみを素材に使用した詰め物・被せ物です。天然歯のような白さと透明感があります。

金属を使用していないので、金属アレルギーの心配はありません。
ファイバーコア
ファイバーコア 重度のむし歯を治療する際の被せ物の土台(コア)として用います。グラスファイバーのため、金属製のコアと比べて歯根を痛めることはありません。

透明感と適度な柔軟性を持ち合わせ、上に被せる被せ物の透明感を損ないません。

セラミックの治療後のアドバイス

セラミック治療後に注意していただきたいのが「歯ぎしり」です。歯ぎしりは、歯をすり減らし、顎の関節に大きな負担をかけてしまうため、顎関節症(がくかんせつしょう)や歯のグラつきなどのトラブルを引き起こしてしまいます。治療したセラミックもすり減りや破折などが発生し、再治療が必要になる可能性もあるのです。無意識に歯ぎしりをしてしまうという方には、就寝時に装着する「ナイトガード」をおすすめしています。

セラミックの治療後のアドバイス

寝る前に口の中に柔らかいレジン性のマウスピースを装着することで、歯や顎、セラミックにかかる負担を防止することができます。朝起きた時に、顎やこめかみなどが痛いと感じている方にもナイトガードは有効です。

ホワイトニングもご相談ください

歯の変色の原因

歯の変色の原因

もともと日本人の歯は、欧米人のような白ではなく、淡いクリーム色をしています。肌の色が違うように、歯の色にも少しだけ違いがあるのです。人種のほかに、歯の変色の原因はいくつか存在します。主な歯の変色の原因を3つご紹介します。

1.ステインによる着色汚れ

「ステイン」とは歯の表面についた汚れのことで、コーヒーや紅茶、ワインやカレーなどの色の濃い食べ物やタバコの喫煙による着色汚れが原因で起こります。

2.加齢による黄ばみ

歯は、外側のエナメル質と内側の象牙質で構成されています。この内側にある象牙質が加齢とともに濃いクリーム色へと変化していきます。表面のエナメル質は食事やブラッシングによって少しずつ薄くなるため、さらに内側の象牙質の色が濃く見えてしまうのです。

3.子供のころに飲んだ薬の影響

昭和40年代に胎児や幼い子供だった方に当てはまる原因です。当時処方されていたテトラサイクリンという抗生物質などによる薬害で、この薬を服用していた女性から生まれた方や、幼児~7歳くらいの間に長い期間服用していた方は、小学生ぐらいから象牙質に色素沈着が起こり、歯が黄色く見えてしまうことがあります。歯の表面がしま模様のようになるケースが多く報告されています。

ステインや加齢によって起こる歯の変色にはホワイトニングが有効です。3の薬害による変色は、完全に白くできない場合があるため、セラミックを使用した審美歯科治療をご紹介しています。

ホワイトニングの種類

歯の変色を気にされている方には「ホワイトニング」がおすすめです。歯の表面についた着色汚れや、加齢が原因の黄ばみを改善することができる治療方法です。ホワイトニングには歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自身でご自宅で行っていただく「ホームホワイトニング」がございます。当院では双方のメリットの相乗効果を得ることができる「デュアルホワイトニング」をおすすめしております。理想的な白い歯にするための施術期間を大幅に短縮でき、さらに長期間白さを維持できます。

PMTC(90分)+デュアルホワイトニング

ホワイトニング施術は、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)でしっかりと時間をかけ、歯の表面や口腔内の汚れをしっかりケアしてから受けると効果が持続しやすいものです。ホワイトニングによる見た目の美しさはさることながら、PMTCで歯やお口の健康維持にもつながるので、当院のおすすめコースです。例えば、午前中にしっかりとPMTCを90分、午後からオフィスホワイトニング施術といったモデルケースがあります。

オフィスホワイトニング

歯医者で行うホワイトニング方法です。歯の表面に薬剤を塗り、特殊な光を20~30分当てて白くする治療方法で、30分~1時間ほどの治療時間がかかります。効果が早く現れるので、早く歯を白くしたいという方におすすめです。1回の処置でも高い効果を得ることができます。

ホームホワイトニング

歯医者で患者様の歯に合わせた専用のマウスピースを作成し、ご自宅で患者様のお好きな時間に、マウスピースにホワイトニング剤をいれて装着するホワイトニング方法です。装着時間は1日1時間で、毎日2週間ほど継続して装着していただきます。薬剤の濃度は低いですが、ゆっくりと時間をかけて白くしていくため、ホワイトニング後も長い期間白さをキープできます。

「GC社 TiON」を使用しています

「GC社 TiON」を使用しています

日本人の歯は欧米人に比べ、エナメル質が薄いとされています。しかし、従来のホワイトニング剤は、海外製で欧米人の歯や骨格、体質に合わせて作られているため、薬剤の濃度が濃く、痛みを伴うケースが多々ありました。当院では、もっとお手軽にホワイトニングをお試しいただくため、日本人向けに作られた「Tion」を採用しています。新技術を応用した光触媒を使用しているため濃度が低く、低刺激なのにホワイトニング効果が高いホワイトニング剤です。

健やかで美しい口元には予防歯科が不可欠です。

pagetop