WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

大阪市東住吉区の患者様 ズキズキ痛みがある歯をどうしても残したいという主訴


天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の𠮷年です。

今回は、昔根管治療した歯の再根管治療についてご紹介します。

こちらの患者様は他院で昨年8月に根管治療を終えて症状が治るのを待っている状態でした。

治療後もズキズキと痛みがあり他院では抜歯と言われたが歯を抜きたくないという患者様はそれ以外の方法がないかと当院に来院されました。

以前にかかっていた歯科医院でジルコニアという材料の被せをいれているので、見た目はなにも問題がなさそうですが

CT撮影を行うと根尖病変も骨吸収も見られますね。

さらには上顎洞を突き破っていることもはっきりと見えますね。

もしかすると破折してる可能性もあります。

補綴物を外し中を見てみると、、、

MB2根を発見!

↑動画をクリックしてください。

根管治療を行う患者様の中で

MB2根は残存している方が多いですが

今回はマイクロスコープを使用した事で

見つけることが出来ました。

今回はMB2根の取り残しが痛みの原因なのかもしれませんね。

現在まだ治療中の患者様でして

最終的にはMTAセメントで根管充填を行う予定です。

MTAセメントとは、強アルカリ性で殺菌効果がある薬のことです。

⭐︎まとめ⭐︎

①当院ではマイクロスコープを使用し

肉眼では見えにくいものを見落とさず治療していきます

②ラバーダムを使用し患歯に

唾液等の感染源が入らないよう丁寧な治療を行います

③「隔壁」という根管治療中に唾液の感染や薬液の漏洩を守る歯の壁を作成します

④治療に入る前には三次元的に見るために必ずCT撮影を行います

根管治療を行ったけど中々症状が治らない方や、他院で抜歯と言われたが歯を残したい方、

当院ではマイクロスコープを使用し見落としがない丁寧な治療を行い、出来るだけ歯を抜かない治療をしておりますので是非、ご気軽にご相談下さい。

症例データ

年代/性別 40代女性
症状 他院で根管治療をしたがズキズキと痛みが治らないため抜歯と言われた
治療方法 再根管治療
費用 感染根管処置・・・121000円
リトリートメント費用・・・22000円
MTAセメント・・・33000円
ファイバーコア・・・22000円
オールセラミックスクラウン・・・176000円
備考 メリット/歯を残せる
デメリット/歯科医師に高い技術が求められる