WEB診療予約

CASE

カテゴリー:

根管治療/再根管治療

再植から経過観察を終えて、、、

天王寺駅から徒歩1分の歯医者「松川デンタルオフィス」衛生士の北村です食パン

 

 

今回は感染根管治療の後、再植された患者様の最終補綴物をセットした内容をご紹介します。

再植の流れを詳しくご紹介している記事を、以前投稿しています。

 

PC歯の再植について

““5〜6年前に左下7番目(一番奥)の根管治療を行い、予後が悪かったので、再根管治療を行ったが、歯茎が腫れきて、抜歯と言われている。””という主訴で来院された患者様です。

 

初診時は歯肉が腫れ、歯と歯肉の間から膿が出ていました。レントゲン写真からは、神経の取り残しや、根尖部に異物があることが確認できました。感染が大きく、骨も溶けています。

 

 

根管治療を行っても予後が悪かったり、膿が出てくる、その原因を追求していく為には、根管内の感染をしっかり取りきることから始めます。

感染を取りきって、根管に殺菌能力の高い強アルカリ性のMTAセメントを入れました。

根管治療を行った後に、根尖部の異物を取り除く治療を【再植】と同時に行います。

 

再植を行う際の注意点は、歯根膜に触れない乾燥させないことです。歯根膜には歯と歯槽骨を結合する働きや、触覚、痛覚を感じとる働きをしているので、歯根膜に大きなダメージが加わると再植が不可能になる為、マイクロスコープを使用しながら慎重にかつ迅速に処置を行いました。

抜歯した歯を確認したところ、歯根の側面に穴が空いていたので、</s pan>MTAセメントで穴を封鎖します。

 

 

 

 

 

感染と異物を取り除いた根尖部も、MTAセメントで封鎖します。

 

 

 

 

 

 

感染物質により歯槽骨が溶けていた為、溶けた歯槽骨を再生させる歯科用の人工骨補填材を使用して、歯牙を抜歯窩に戻しました。

 

再植から1年が経ち、最終的な補綴物を入れるためにブラッシングや、クリーニング、経過観察をしっかり行い、歯肉のコンディションを整えました。

歯肉が腫れ膿が出ていた初診時の写真と最終補綴物をセットした写真を比較してみましょう!

 

 

 

上矢印歯肉の炎症も治まり、健康的な歯肉の色になりましたね上矢印

↓感染により溶けていた歯槽骨も確実に骨化しています爆笑下矢印

 

どの治療においても患者様ご自身でのセルフケアを徹底していただくことは、治療の予後にも大きく関わってきます上差し

当院では、ご自身の歯を長く使っていく為に必要な治療、必要なケアを提案しています。

ぜひご相談くださいカエルキラキラ

症例データ

年代/性別 45歳/女性
症状 歯茎から膿みが出る
治療方法 マイクロスコープによる根管治療
MTA根管充填
再植
オールセラミックスクラウン
治療期間 7ヶ月
費用 感染根管処置 121000円
リトリートメント費用 22000円
MTA 33000円
再植(歯根端切除術、逆根管充填を含む)  165000円
ファイバーコア 22000円
オールセラミックスクラウン 176000円
備考 経過観察が必須