虫歯が神経まで達した場合の治療(根管治療)

虫歯が神経まで達した場合の治療(根管治療)

むし歯菌が神経まで達してしまっているような重度のむし歯の場合、根管治療を行います。根管治療とはむし歯に冒された神経や歯質を取り除き、根管をきれいにしてから被せ物をする治療です。

ただ、この神経を取る治療は、難易度が高く、手間がかかる治療であり、東京医科歯科大学の発表で成功率が50%とも言われており、半数以上が再治療が必要になるといわております。

根管治療の成功率を高めるには?

根管治療の成功率を高めるには?

歯の神経が通っている根管は非常に複雑な形状をしているため、精度の高い治療が必要とされていますが、肉眼では困難な治療 であることは事実です。
また、複雑な形状であるがゆえ、時間もかかる治療です。
成功率を上げるには、治療を行う上で「患部 をしっかり確認できる環境」そして「治療時間の確保」が重要になります。

当院では、肉眼で確認することのできなかった治療部位を高倍率で確認しながら治療のできる「マイクロスコープ」や従来のデジタルレントゲン(二次元)では見えない部分まで「見える化」することができる「CT(三次元)」といった最先端の設備を活用した精度の高い治療が可能です。
また、患者様お一人に対して、充分な時間を確保し治療にあたり、より根管治療の成功率を高めるようにしております。

当院の特徴1  「マイクロスコープ」を利用した根管治療

当院の特徴1  「マイクロスコープ」を利用した根管治療

虫歯が進行すると、歯の神経まで達します。
こうなってしまうと、感染した神経を取り除き、神経が通っていた管(根幹)をきれいに掃除してから蓋をする必要があります。一見、単純な処置に思いますが、歯の根は非常に複雑な形状をしており、根幹を清掃する作業は非常に難易度の高い治療と言えます。

この根幹の清掃処置の精度が下がると「痛み」「腫れ」などの原因となり、「根尖病巣」という根の病気にもなります。
これまでの治療は、「肉眼」でこの処置を行っておりました。
当然、肉眼での処置は精度にかけ「勘」や「経験」に頼らざるを得なく、ときには「再治療(やり直し)」や最悪のケースで「抜歯」の選択を迫られるケースもありました。

当院の特徴1  「マイクロスコープ」を利用した根管治療

しかし、「マイクロスコープ」という治療部位を高倍率で拡大する歯科用顕微鏡の登場で、今まで見えなかったもの見えるようになり、根管内を確認しながら治療することが可能になりました。
精度の高い根管治療を行うには、どれだけしっかりと患部を確認できるかが成功率に大きく影響します。当院では、このマイクロスコープは根管治療をする上で欠かすことのできない機材です。

マイクロスコープで見た歯の根の様子

この動画を見ておわかりになるかと思いますが、鮮明に根管部分を確認できております。
根管治療においては「見える」「見えない」というのは、治療を成功させるためには非常に大きな違いとなります。

当院の特徴2  「CT」を利用し三次元的な角度で患部を診断

当院の特徴2  「CT」を利用し三次元的な角度で患部を診断

マイクロスコープと同じく、CTも患部を正確に把握するための検査機器です。通常、歯科治療ではレントゲンで検査することが多く、レントゲン検査でも大まかに口腔内の状況を把握することができます。しかし、歯科用CTを活用することでレントゲンでは発見できない小さな病変も可視化することができます。

当院の特徴3  「MTAセメント」による再感染予防と歯質の再生

当院の特徴3  「MTAセメント」による再感染予防と歯質の再生

MTAセメントは歯の神経の保護や穴のあいた歯を埋めるなど根管治療の際にも有効な最新の歯科治療薬です。MTAセメントには強いアルカリ性があり、全てのむし歯菌を取り除かなくてもMTAセメントを埋めることで患部を殺菌することが可能です。
これにより本来、歯の神経を取らなければならないような症状でも歯の神経を残せる可能性が高まります。

また、封鎖性が高く、細菌の繁殖や侵入を防いでくれるので治療後の悪化や再治療の予防をすることができます。そして、歯の成分に近く、歯の組織を再生させる効果があるため、治療後の経過が非常に良好になります。

当院の特徴4 治療部位への感染を防止するラバーダムを使用

当院の特徴4 治療部位への感染を防止するラバーダムを使用

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製のシートを かぶせて唾液や菌による治療箇所の感染を防止する器具です。 ラバーダムを使う事で、様々な菌が治療箇所に侵入する事を防 ぎより精度の高い治療を行う事が可能になります。

欧米では、根管治療においてラバーダムを使用することは当たり前になっておりますが、日本では実施している歯科医院は数%とも言われております。
当院では、根管治療の際にラバーダムを使用し治療を行っておりますので、ご安心ください。 

根管治療の処置例

case1

case1

case1

case2

case2

case2

case3

case3

case3

case4

case4

case4

case5

case5

case5

case6

case6

case6

case7

case7

case7

当院の根管治療に関して

当院の根管治療に関して

1回の診療時間

約60分

治療回数

2回~3回

費用(税込)
抜髄 前歯・小臼歯¥54,000
大臼歯¥75,600

※CT・マイクロスコープを用いて治療します。

感染根管処置 前歯・小臼歯¥64,800
大臼歯¥86,400

※CT・マイクロスコープを用いて治療します。

リトリートメント(過去に治療した歯の再治療)¥21,600
MTAセメント¥32,400

根管治療に関する診療予約はこちら

pagetop