お子様の矯正をお考えの方へ

  • ホーム
  • お子様の矯正をお考えの方へ

幼少期の矯正歯科はたくさんのメリットがあります

幼少期の頃から矯正を行うことは、大人になってから始めるのに比べて、たくさんのメリットがあります。天王寺の歯科医院「医療法人明星会松川デンタルオフィス」では、お子様一人ひとりに合った適切な矯正治療をご提案いたします。歯科矯正専門の歯科医師と連携し、成長中のお子様の将来を考えた治療を実現いたします。

矯正を始めるタイミングは?

矯正を始めるタイミングは?

6~7歳頃、前歯と奥歯が永久歯に生え替わる時期に矯正を始めるのが一般的です。とはいえ、成長のスピードはお子様によって異なります。早い時期に矯正を始めたほうが良いお子様もいれば、成長を待ってから始めたほうが良いお子様もいらっしゃいますので、まずは一度ご相談ください。

乳歯の矯正をするメリット~床矯正について~

床矯正とは、歯を動かすのではなく、永久歯がきれいに並ぶように顎の成長を助ける治療です。こちらでは、床矯正のメリットをご紹介いたします。

抜歯の可能性が下がる 取り外しが可能 痛みが少ない
永久歯への生え変わりの時期(Ⅰ期)から、成長に合わせて顎を広げることで、Ⅱ期で矯正治療が必要になった場合でも、抜歯の可能性を下げることができます。 床矯正装置はマウスピースのような形をしているので、お食事やブラッシングの際は外していただけます。手軽に着脱できるのが床矯正の特徴です。 床矯正は、人間本来の自然治癒力で歯を動かします。無理な力をかけないので、他の矯正方法と比べて痛みが少ない治療が可能です。

矯正をしながらお子様の歯への意識を高めます

矯正治療を受ける際には、ブラッシング指導をしっかりと受けるので、お子様に正しい知識が身に付きます。矯正治療によって正しいブラッシング方法が身に付くことは、むし歯予防にとっても大きなメリットです。

矯正をしながらお子様の歯への意識を高めます

歯科矯正をされているお子様は、矯正中の歯列をきれいに維持したいという思いから、定期的に健診を受けたりクリーニングを受けたりするなど、口腔内の健康に対する意識が高くなる方が多いと言えます。こういった意識の高さは生涯にわたって変わらず、結果的に歯を失うリスクが減るのです。

何事も最初の一歩が大切ですが、予防歯科も同じです。大人になってから意識を変えることはなかなか難しいですが、子供の頃に矯正治療を受けることで予防歯科の大切さに気付き、生涯にわたって口腔内の健康を維持できるのです。

子供のうちから歯科矯正をする3つのメリット

子供のうちに歯科矯正を行うことで、様々なメリットがあります。

メリット1 顎のバランスを整えられる

メリット1 顎のバランスを整えられる

食事の際、片方の歯ばかりでものを咬んでしまうことを「偏咀嚼(へんそしゃく)」と言い、それを続けていると顎の骨のバランスが悪くなってしまいます。歯科矯正の際に、成長する顎のバランスを整えることで正しい咀嚼ができるようになり、顔のバランスも整います。

メリット2永久歯の抜歯の可能性が低減

メリット2永久歯の抜歯の可能性が低減

乳歯と永久歯が混在している「混合歯列期」や「乳歯列期」に矯正治療を行えば、成長の力を利用して自然に歯並びを正すことができます。そうすることで、せっかく生えた永久歯を抜かずに矯正治療を行うことができます。

メリット3身体能力の向上

メリット3身体能力の向上

歯をくいしばる行為は、人間の感覚や運動能力までも向上させると言われています。スポーツ選手に歯並びの悪い人がいないのは、歯並びが悪いと運動能力が向上しにくいからです。顎の筋力を養うことで、全身の筋力にも影響を与え、力・柔軟性・バランス感覚などが向上します。

また咬む運動は、脳血流量を増加させるので脳を活性化させます。学習能力の向上にも繋がるのです。

医療法人明星会松川デンタルオフィスの矯正治療について詳しくご説明します。

目立たない矯正治療にも対応いたします。

PAGE TOP